« 芦原英幸先生・・by鈴木 | トップページ | 元気をありがとう・・by鈴木 »

本日2人目 そのとき自分は! by松井

 昨日長男の体調が悪そうだったのですが、妻が小児科に連れて行くとの事だったので

私はそのまま仕事に出かけました。昼頃妻から電話があり市民病院送りになって入院

になりそうとの事。午後はお客様との約束がなかったので私も市民病院へ行ったところ

夕方に救急外来の担当医の方は『ギリギリ家に帰ってもいいくらいかな』とのいまいち

歯切れの悪い答え。その直後に小児専門医の先生がみにきてズバリ『入院です。

最低でも1週間は覚悟してください。』ときっぱり。入院は本人も家族も大変ですが

ハッキリ言われると安心しました。・・・こんな具合で息子の入院生活&家に妻のいない

生活が始まりました。そして今日は午前中の約束の仕事がありそれを済ませ午後から

妻との交代の為病院に行きました。病室は6人部屋でカーテンで仕切られいますが

話し声が良く聞こえます。向かいの息子と同じ年くらいの男の子のご両親の声が聞こえ

てきました。その会話の内容はこんな感じです。

『部屋にあった洗濯物外に干してこなかったの?信じられない。普通気づくでしょ』

『こっちは普段やってない事をやっているんだ。今日も朝5:30に起きて犬の散歩

それから子供をクラブにつれってって・・・じゃあ明日朝やる事を具体的にしてくれよ

何と何と何をやればいいの』

『そんなたいそうな事やってくれって行ってるわけじゃないじゃない。普通子供が

入院すれば家事を手伝うのはあたりまえでしょ』

とこの調子で病室で夫婦ゲンカそしてその1時間後くらいにきたお母さん(たぶん

奥さんのお母さん)にもそのご主人は妻に言われた事を報告してました。皆さんは

どう思いますか?私は聞いた瞬間怒りを感じ最終的にはあきれましたが、このことも

何か自分の為なんだなぁと後で思わなきゃって思いました。なかなかその瞬間

瞬間でポジティブに受け取る事は難しいのですが気づいて行くことからのスタート

です。息子の病気(ほおの中にばい菌がはいり顎から鼻にかけ腫れ高熱がでた)が

たいした事がなくて感謝、息子の病気により妻の有難さを感じさせてくれて感謝

77歳の父と普段より話をするチャンスを頂けて感謝です。

P.S このブログのほとんどを支えている鈴木氏がとりあえずの目標100日連続が

折り返し地点を越えましたので感謝!

|

« 芦原英幸先生・・by鈴木 | トップページ | 元気をありがとう・・by鈴木 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

興味深く読ませて頂きました。
「普通気付くでしょ」「当たり前でしょ」という奥さんの言い分も分かる気がするし、
そこまで求めなくても・・・そんな言い方しなくても・・・とも思うし。
≪奥さんは奥さんで、子供が入院すると体力・精神的にも疲れるので
旦那さんに協力をしてもらいたい。旦那さんは旦那さんで、
自分なりに手伝っているつもりだったのに文句を言われる。≫ 
客観的に見ていると冷静に分析が出来るけど、これが自分の立場だったら・・・。
恐ろしくてココには書けません。(笑)
 
1番なのは、常日頃からお互いに感謝することですかね??
それが、なかなか出来ないことですが。
 
PS FAX NEWS 第338号 専業主婦の労働の対価は? の記事を
ブログに書いても良いですか?

投稿: ちい | 2006年3月 6日 (月) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161406/8960203

この記事へのトラックバック一覧です: 本日2人目 そのとき自分は! by松井:

« 芦原英幸先生・・by鈴木 | トップページ | 元気をありがとう・・by鈴木 »