« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

笑顔の裏には・・by鈴木

今日も新たな出会いの・・相続のお客様のところへ行ってきました。代表相続

人の御主人とお会いして・・第一印象・・‘百万ドルの笑顔’をされた方なんです。

こんな素敵な笑顔をされた方なのだから・・その方の今までの人生に大変興味

を抱きました。ところが、いろいろお話を聞いてみますと・・その方のご長男は

中学生の時に病に侵されて亡くなられたんです。当時のことを思い出しながら

話すその姿に・・とても感銘を受けました。顔はその人を表すといいますが、まさ

にそうですね。お子さんを亡くす・・とても辛い悲しみをされた方だからこそ、その

子のためにも精一杯の笑顔を・・されているんだと感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

裁判所・・by鈴木

今日は、裁判所へ行ってきました。実は、危急時遺言の証人兼申立人になっ

ていまして、今日は他の証人二名の方と一緒に審問に行ってきたんです。

危急時遺言に立ち合わせて頂くことは、弁護士、司法書士等専門家の方々で  

も、まず経験されることはないことだと思います。今回このような役割を頂いた    

ことにとても感謝しているんです。ところで、今日の審問といいますのは、遺言

の中身が真実であるのかどうかを家事審判官(裁判官)に尋問?されるんです。

簡単にいいますと、嘘で作成されたものではないか、どうかということなんです。

普段不真面目な僕も今日ばかりは真実を話すことに意識しました。この審問の

結果は・・しばらく先ですが、結果を報告いたします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢湾台風に学ぶ・・by鈴木

昭和34年9月26日に伊勢湾台風があったんですよね。僕はこの世に生を受

ける前なのですが、両親から当時のことを聞かされました。実は昨日、お寺さん

で伊勢湾台風のアニメを鑑賞させていただいたんです。両親から幾度と聞いて

いたのですが、映画を観ることによってより一層悲惨な出来事であったことを認

識させていただきました。両親も当時住んでいた家が半壊しまして、それまで8畳

二間の家だったのですが、8畳を四つに分けて2畳部屋にしていたそうです。その

当時の生活を聞いていると今僕たちの生活は本当に恵まれていることに改めて

感謝するばかりです。最近のニュースでは、親が子供を殺し、子供が親を殺す事件

が目立ちます。これは、外で起きているんではなくて僕たち日本人全員への・・・

メッセージなんだと思います。生活は豊かになっていますが、心は貧しくなっている

んですよね。僕の両親ではないのですが、もっと親が子供たちへ生きることの大切

さをしっかりと伝える必要があるんですよね。生きる大切さを教えてもらえば、今の

時代のような悲惨な事件はもっと少なくなるのではないでしょうか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超モテモテ?・・by鈴木

今日は、30人の女性を前にして・・お話をさせていただきました。前回のブログ

で掲載させていただきました・・‘心の栄養学’をテーマに、遺言についてお話を

させていただきました。過去にない体験をさせていただきました。実は、講座を聞

いていただいたのは、昭和一桁の方々でして・・自分の親の年齢の方なんです。

当初こんな若造の話を・・と思っていましたが、ずーっと・・皆さん笑顔で話を聞い

てくれていたんです。こんな素敵な女性たちに囲まれて今日は最高の気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の栄養学・・by鈴木

急きょ・・ピンチヒッターとなりました。実は、岡崎のお寺さんで‘心の栄養学’

というテーマで‘寺小屋’を開催されているんです。毎月いろんな分野で活躍

されている方を講師として招いて・・‘ 心の栄養 ’を檀家さんに限らず多くの

方に提供されているんです。昨今の心無い事件をみていますと・・多くの日本

人の心の栄養が・・不足・・しているんでしょうね。こんな時代こそ、栄養剤を

注入する必要があるんですよね。実は、今週末には・・東三河で住職をされて

いる方が、‘ガンを宣告されて・・なお元気に生きる!’をテーマにお話をいた

だく予定でしたが・・体調が思わしくなく・・主催者の方からお声をいただいたん

です。急なお話でしたが困っている時にお役に立てなくては・・と、正義感ぶって

お引き受けしたんです。受講される方はなんと、50歳から60歳の方が主流で

して・・正直プレッシャー・・です。人生の先輩を前に・・僕のような若輩ものが・・

・・僕は錯覚していますね!前に立って話すことが偉いんではなくて、このような

機会を与えられて如何に学ぶかが・・前に立つ人のテーマなんですよね。与えら

れた役割を全うするために・・今のうちにバッチリ・・栄養補給しておきます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

財産分与・・by鈴木

昨日、財産分与についてのご相談がありました。分与する財産価格が億単位

でビックリ仰天です。お話を聞いてみますと、分与財産である土地の所有者は

ご夫婦の共有のようなんです。それも一つの土地だけではなくて沢山の土地が

全て共有になっているんです。そこで、協議離婚の上、財産分与として各土地を

単独所有にしましょう・・ということなんです。・・これ、財産分与・・っていうのかな

あ~と疑問に思いました。よくよく聞いてみますと、相続で取得された土地のよう

なんです。このような場合は財産分与の定義から外れまして、夫婦ともども譲渡

所得(例外もあります)が課税されるんです。今回の場合、概算で数千万円の税

金になってしまうんです。但し、交換の特例が適用されれば、税金が限りなくゼロ

に近くなることもあるんです。一般に財産分与といいますと、婚姻期間中二人で築

きあげた財産の清算という意味からして、もらう人には贈与の扱いがなく無税なん

です。そこでこんな比較を・・相続は課税・・離婚は無税。くれぐれも作為的な行動

はしないでくださいね!神様は必ず観ていますよ・・どこからでも・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物・・by鈴木

ご存知ですか?初物を食べたときには東を向いて笑うって・・こと。両親から

教えてもらったんです。ネット検索してみますと、トリビアの泉でも紹介された

そうですが、あまりご存知ない方が多いようですね。そういう僕も、意味も知ら

ずに小さい頃から親に言われるままにしていたのですが・・。実は、今日久し

ぶりにその光景を見てしまいました。今日は、父の日でして名古屋にある・・

梅の花(本店は九州です。)とういう豆腐料理にいってきました。なんと両親は

名古屋へ行くのも4年振りでして、ましてやちょっと高めの料理屋さんにはまず

足を運びませんので、いろんな意味で今日はちょっとしたカルチャーショックだ

ったようです。10数品目の料理に、でるたびにあまりの美味さに驚きの表情を

していただき招待させていただいた自分としては最高に嬉しかったんです。その

中でも、湯葉料理が最初に出てきたときには・・その・・東に向いてアッハッハッ

・・と笑っていたんです。・・静かな店内で・・です。なんと、今まで湯葉料理を口に

したことがなっかたとは・・。親父に・・まだ口にしていない料理はないかを・・聞き

・・これからも・・その・・アッハッハッハッの光景を拝見しようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子はかすがい・・by鈴木

感動です!!60歳を超えられる御主人が‘ 来世の人生でも夫婦でいたい ’

と言われたんです。実は、顧問先の経営者の方から聞かせて頂いたんです。

こちらのご夫婦は、ハンディを持たれたお子様がいらっしゃいまして、今まで

この子が先に死んでくれたならと・・幾度と思われたそうです。その真意は・・・

自分達、親が先に死んだ場合のことを思えばなんですが、それでも時にはこん

な苦労をどうして・・・と、思うこともあったそうです。365日・・自分のことは、脇

におかなければ・・できない・・ことなんですよね。ご主人曰く、家を守る奥様の

その姿をみれば・・自分も甘えていられない・・と仕事をガムシャラにされたそう

です。そんなご主人は、もう一人の息子さんのお嫁さんと・・絵文字の入ったメール

のやりとりをされる・・とても、素敵なお父さんでもあるんです。ご主人は、献身な

奥様を・・とても愛しているんです。ですから、奥様もご主人のことをとても愛して

いるんです。その間をとりもっているのは・・ハンディをお持ちのお子様の存在・・

愛のキューピットなんでしょうね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

式・・by鈴木

結婚式とお葬式・・同じ式でも、そこに来る方の ‘ 顔 ’は違うようです。昨日、

葬儀場にお勤めの方に興味を引くお話しをお聞きしました。その方曰く、結婚式

での人の顔(心)は・・‘ つくり顔 ’、お葬式は・・‘ 本当の顔 ’だそうです。

お葬式をされる方、参加される方の顔というものは、その人の本性がはっきり出

るようです。家族、友人、知人・・分けることなく、人を想う本当の心が出てしまうよ

うです。一般に、葬儀場にお勤めすることは抵抗があるようですが、この方は進ん

でお勤めされているようです。人の心を観させていただきながら、ご自分の心の

あり方を学んでいらっしゃるようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

親子・・by鈴木

もうすぐ父の日ですね。実は、今年は父の日に名古屋で食事を予約している

んです。料理は豆腐料理でして、あの‘ 梅の花 ’なんです。とんねるずの番

組で紹介された‘ 豆腐シュウマイ ’の美味しい・・お店なんです。どうして、和

食を選んだかといいますと理由があるんです。年齢のこともあるんですが、実

は結婚している時に、元奥さんが経験のためにもとフランス料理へ招待したこ

とがあるんです。そこでの親父さんの行動に・・唖然。海老料理が出てきたので

すが、親父さん曰く・・海老は頭が美味い・・と。案の定・・海老の頭をチューチュー

しながら美味しそうに食べていたんです。それもみんなの海老の頭を・・。フランス

料理ですから、店内はもちろんシックに穏やかな感じ・・その中で・・チューチュー。

唖然でしたが、親父さんの美味しそうな顔を見ていたら‘やめなよ’・・なんて言葉

出ませんでした。こんな経験がございまして、今回は少々礼儀が無礼でも許され

そうなところに決めたんです。そうは言っても僕も親父の子ですから、知らず知らず

にいろんなところで無作法をしているかもしれません。でも、思うんです。美味いも

んは自分らしく美味しく食べるんだと・・親父に教えられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴルフ日和

昨日は久しぶりにプライベートのゴルフに行ってきました。週初めの天気予報

では完璧に雨だったんですが、メンバーの心がけが良かったんですよね、見事

なゴルフ日和になったんです。ゴルフされる方は、誰でも雨だけは・・って思いま

すよね。そんなメンバーと好天気に恵まれて、最高に気分もリフレッシュできて

気持ちのいい休日を過ごすことができました。肝心なスコアは目標にしていたと

ころからはかなりかけ離れたスコアで残念でしたが、これがゴルフ・・だから楽し

いんですよね。       メンバーのみんな・・また行きましょうね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分家・・by鈴木

今日は、友人が可愛い子供さんを自然の中で育てるために田舎に家を建築

したいという相談を受けました。友人のお爺ちゃんが所有している田舎の土地

を譲り受けてそこにマイホームを建てて、自然の中で子供さんを育てたいとい

う・・現代には必要な・・教育を・・計画されているんです。ある学者さんが、言っ

てました・・自然の中で育った子供さんは、キレルことなく優しい心が育つ・・と。

是非、友人の力になってマイホームを実現させてあげたいと思いました。そこで

、問題なのは・・田舎に家を建てることができるかどうか・・なんです。ご存知のよ

うに調整区域においては建築許可を受けるまでにクリアすべきことがあるんです。

まず、友人のご両親が所有している土地の中に市街化区域の土地をお持ちでな

いかどうか?次に、お爺ちゃんが所有している土地の中に市街化区域の土地が

ないかどうか?そして調整区域の中に白地がないかどうか?。建てようとする土

地は建築可能の土地かどうか?などなどクリアすべきことがいろいろあるんです。

市街化の土地でしたらこういうことはないのですが、やはり自然を保護するために

は必要なんですよね。このような条件は。早速、市役所で確認しましてなんとかスタ

ートが切れそうでしたから、まずは青地の適用除外の申請からです。友人の子供さ

んに限らず、沢山の子供さんが子供らしく自然の環境の中で育めば・・日本の将来

は更に明るくなると思いませんか?・・きっと・・そうだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人生折り返し?・・by鈴木

もうすぐ44歳になります。4が二つ合わさって・・し・あ・わ・せ・・の歳なんです。

今まではどうだったのかと聞かれれば、やはり幸せの歳月を歩んできました。

なによりも一番は、健康な体でいられたことが最高の要因です。健康のことで

いえば、ひとつだけ悔いが残ることがあるんです。実は、痛風もちでして・・世間

でいう・・贅沢病・帝王病といわれるんですが・・これは間違いです。原因がわか

らないから、これだっ・・ていう薬もないんです。何故、悔いが残るかといいます

と、このような旦那を持つことによって嫌な思いをした元妻に対して申し訳なく思

うんです。彼女に限らず、世間では沢山の奥様が嫌な想いをされているんではな

いでしょうか?発病の原因は、さまざまですが基本的にはその人の体質です。も

ちろん健康管理もひとつの要因でしょうが、これはあくまで自己管理の問題です。

痛風もちの御主人をお持ちの奥様方・・代表して・・ごめんなさい。これが、唯一

の悔いですが、人生折り返しに立って思うこと・・健康な体を授けてくれた・・両親

に・・やはり・・感謝です。健康であるからこそ自分のおもうがままの人生を歩めた

んですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やはり666?・・by鈴木

今日は、ちょっと気が乗りませんので・・このあたりで・・おやすみなさい。・・と

言いたいところですが。あ~残念!!川上投手が二回目のパーフェクトを達成

するところでした。えっ?って・・野球のことでゴメンナサイ。会社から帰って・・

さあ・・一人ディナーをテレビの前で・・テレビをつけて観ると、調子のいいロッテ

に完封状態。あと、一回でパーフェクトになると・・実況アナウンサー・・9回表・・

代打サブロー・・ライト前ヒット・・二回目のパーフェクト・・夢に・・。それでも、気落

ちせずにその後三者凡退・・見事完封勝利!!川上投手・・エライっ!

たまにあるんですよね。こういう状況。スイッチを入れて・・いきなり応援チームの

状況が悪くなること。  やはり今日は・・666・・オーメン・・の日???

いいえ・・今日は、最高に楽しませてもらいました。こんなドラマチックな場面を観

ることができたんですからね。野球は9人、一人舞台を演じていれば・・それこそ

逆転されることもあったと思います。そんなチームを応援できることに・・感謝です。

写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動=結果・・by鈴木

本当に、頭が下がる想いです。実は、資産税の仕事を一緒にさせて頂いてい

る女性税理士の木下さんの目標は明確でして、結果を必ず出すんです。主婦

でありながら、税理士資格を取得されるくらいの方ですから、こんな僕が偉そう

に言えたもんではないのですが、本当に尊敬します。今日も、年初に掲げていた

目標の一つである、相続税申告の受託を自らの力で、お客様とのご縁を結ぶ事

ができたんです。当事務所に入社して、5年を迎えようとしていますが当初から

彼女の想いと行動力には頭が下がります。僕を含めて大抵の方は、想いとか口

にはするんですが、行動が伴わないことが多いんですよね。彼女の行動を直に

観ている僕としては・・‘ コラッ 鈴木 なにっ しちょるん! ’って感じで、常に魂

に気合いを注入している状態なんです。彼女には本当に感謝しています。当事務

所の女性達は彼女をはじめとして・・パワー も 魅力 も 最高・・なんです!! 

                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

666・・by鈴木

明後日の6日に、オカルト映画の「 オーメン 」が公開されるんですよね。

実は僕、オカルト映画・・ダメなんです。一人では観る事できないんです。なん

で?・・って、ズバリ怖いからです。小学生の頃同じような映画で「サスペリア」

を近所の友達と観にいきましたが、怖いシーンになると、目はツムリ・耳には

指をつっこんで・・いました。もちろん今でも、自宅で怖そうな映画を観るなんて

こと・・しません。まあそうは言っても、これでも武道家のはしくれですから・・肝

試しみたいなお化け屋敷くらい・・やっぱり・・ダメです。あ~あ、6日・・何もなけ

ればいいんですが・・。因みに僕は、午後5時55分に生まれまして、学生の頃

のあだ名は・・「マーベン」でした。・・似てますね???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

対策と現場の違い・・by鈴木

資産対策として多くの方がアパート・マンション経営をされていると思います。

僕たちの業界での資産対策といいますと、当然数字に拘ります。お客様も

当然に、僕たち会計事務所への期待はそこにありますからね。ただ、最近

もっと幅を持たなければと・・感じているんです。対策として、アパート等経営

を少しでも推奨するのであれば、建物管理についてのメンテナンスをフォロー

すべきではないかと・・。アパート・マンション経営は借りる人がいて初めて成り

立つ商売です。住人の方に、如何にしたら満足していただけるかを常に考え

ることをしなければ経営は成り立ちません。先日、ある管理会社のズサンな

運営を聞きまして、こういう業者に任せていては住人の方は安心して住めない

環境だと知りました。お客様にその話を聞きましたので、早速提携先の管理

会社を紹介させていただきました。大手建築会社での建築であれば、同時に

管理会社がセットになっていますから、ある程度安心できますが、今回のよう

に中古物件を手にされる場合は、事前にしっかりと情報提供できるようにした

いと感じました。そこで、あの 「 踊る大捜査線 」の名台詞を思い出しました。

‘‘事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ ’’・・

机上だけでの対策では、本来の対策はできませんね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションの血液・・by鈴木

仕事を終えて・・あ~早く・・ご飯が食べた~い!と・・マンションに着くなり駆

け足でエレベーターまで行ったのですが、2基あるエレベーターが2基とも

故障で動かないんです。仕方なく8Fまで歩くことになったんですが、よ~く・・

考えてみれば、僕のように健康な人間であればいいいのですが、足の不自由

な方とか高齢の方々は・・はたまた、新聞配達の人は大変だよな~、と他人事

ではありませんよね。マンションのエレベーターは、人間でいえば血液と同じよ

うなもの、管理会社の方・・よろしくお願いします。8Fまで上りまして、エレベータ

を見れば、とりあえず1基は可動していましたから・・ホッとしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人間ドック・・by鈴木

明日は年に一度の、僕の大嫌いな人間ドックなんです。実をいいますと、僕

は体から血を抜かれるのが一番苦手なんです。情けないのですが、献血も

過去に一度だけやりましたが、もう二度としないと誓っています。人助けは、

大切なことだと充分に分かっているつもりなのですが・・ゴメンナサイ!でき

ません。もちろん命が懸かっているとなれば・・話は別ですが・・。そんな情け

のない僕でして、明日の人間ドックの採血の時にはベッドに横になっている

自分の姿が鮮明に映っているんです。決して看護婦さんの気を引こうなんて

こと、これポッチも考えて(少しだけ・・)いませんからね。あ~あ今から憂鬱な

時間です。若い頃には、武道をしていましたからそんなこと・・ってよくいわれ

るんですが、それとこれとは違うんです。格闘技などで、血を流すことは仕方

のないことですから、こういう場合は全然平気なんです。これはもしかしたら、

前世・・吸血鬼だったから・・今世は抜かれる番なのかも・・。それでも、やはり

年に一度のドックは必要だと思っています。自分の体を大切にしなくて、人を

思いやることはできませんから・・ね。 覚悟を決めて採血に望みます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »