« マンションの血液・・by鈴木 | トップページ | 666・・by鈴木 »

対策と現場の違い・・by鈴木

資産対策として多くの方がアパート・マンション経営をされていると思います。

僕たちの業界での資産対策といいますと、当然数字に拘ります。お客様も

当然に、僕たち会計事務所への期待はそこにありますからね。ただ、最近

もっと幅を持たなければと・・感じているんです。対策として、アパート等経営

を少しでも推奨するのであれば、建物管理についてのメンテナンスをフォロー

すべきではないかと・・。アパート・マンション経営は借りる人がいて初めて成り

立つ商売です。住人の方に、如何にしたら満足していただけるかを常に考え

ることをしなければ経営は成り立ちません。先日、ある管理会社のズサンな

運営を聞きまして、こういう業者に任せていては住人の方は安心して住めない

環境だと知りました。お客様にその話を聞きましたので、早速提携先の管理

会社を紹介させていただきました。大手建築会社での建築であれば、同時に

管理会社がセットになっていますから、ある程度安心できますが、今回のよう

に中古物件を手にされる場合は、事前にしっかりと情報提供できるようにした

いと感じました。そこで、あの 「 踊る大捜査線 」の名台詞を思い出しました。

‘‘事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ ’’・・

机上だけでの対策では、本来の対策はできませんね!!

|

« マンションの血液・・by鈴木 | トップページ | 666・・by鈴木 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161406/10378368

この記事へのトラックバック一覧です: 対策と現場の違い・・by鈴木:

« マンションの血液・・by鈴木 | トップページ | 666・・by鈴木 »