« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

明確・・by鈴木

今日の 晩御飯は 中学二年生の甥っ子の手料理

を ご馳走になってきたんです。

野菜炒めと ステーキなんです。 普段 一人寂しく食べている

ことを考えると 今日は最高のディナーになりました。

味は もう最高に美味しかったんです。 実は 甥っ子は

もう既に 料理人になることを明確に 目標としているんです。

自分が 中学二年生の頃なんて 将来のことなんて

これっぽっちも 頭になかったですから

頼もしいかぎりです。 

因みに 僕が将来の夢を見たのは 高校二年生。

ブルース・リーに憧れて 映画スターを 夢見て

東京へ・・。 甥っ子と違って 目標が明確でなかったです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気な先輩たち・・by鈴木

昨日は 岡崎のお寺さんで  

‘ 美しし相続~ 現世ご利益&来世ご利益 ’                                                                     

をテーマに 勉強会を させていただきました。

二時間半という 時間が あっと いうまに 過ぎてしまった

くらい 楽しい時間だったんです。

檀家さんをはじめ 30名の 人生の先輩を前に 

現世ご利益・・ 生きている今 如何に税金を安くするか

来世ご利益・・ 配偶者 子供 のために 如何に 対策をするか

を 分かり易く 楽しく お話を させていただきました。

8月に続き 今回も このような 場所で

‘ 美しい 相続 ’を テーマに お話ができた

ことを ほんとうに 感謝しているんです。

そして この勉強会で 感じたことが あるんです。

僕たちに限らず セミナーを開催するとき って

立派な会場で やると なんとなく 変な自己満足感

があるんですが・・

もっと やるべき場所 ・ 開催すべき場所 を考える必要

があると思いました。

身近な 公民館とか 施設会場 ならば

敷居の高さを感じないで 沢山の方々に

聞いていただけると思うんです。

これからは 聞いていただける人が自然体でいられる

そのような場所で たくさん 情報を発信して

いきたいと 思いました。

元気な人生の先輩たちの 笑顔を見て 感じたんです。

追伸: 講師を務めて頂いた木下さん 資料を作成して頂いた太田さん 

     会場へ応援に駆けつけてくれた山本さん ・・みんな ありがとう!! 

     沢山の笑顔に出会えてよかったですね!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寺小屋パート2・・by鈴木

明日は 8月に続き 楽しみしていた お寺さんでの

講習会で 講師をさせていただくんです。

‘ 心の栄養学 ’ と題して 毎月いろんなジャンルの

講師の方を 招いて 開催されているんです。

この講習会には 檀家さんを はじめ 多くの女性が

参加されているんです。

だから・・ 楽しみなんです!! (40代から80代の方々なんですよ)

セミナーって いいますと ちょっと堅苦しいのですが

こちらの 寺小屋は もう最高に エンジョイできる

講習会なんです。

参加されている みなさんが 素敵な笑顔で

歓迎してくれるんです。 

明日は みなさんに 負けないように 素敵な笑顔と

少しでも感動を 与えられるような お話が

できたら いいな! ・・ って思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せ と お金 ・・by鈴木

お金が あれば 幸せ って 言う人 ・・は いても

お金が なくても 幸せ って 言う人 ・・いないでしょうね。

でも お金が全て では 絶対にないでしょうね!

お金が 有り余るくらい お持ちでも 

心に 痛みのある人 は 幸せという 言葉とは

ご縁が ないんですよね。

いろんな 資産家の方と お会いして

改めて 実感するんです。

幸せに満ちた心を お持ちでなければ  いくら財産を お持ちでも

幸せな人生は 送れないないってことを。

その幸せって 自分が育てるしか 方法はないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵な出会い・・by鈴木

なんと! 来月早々に このブログでご縁のあった方と

お会いすることになったんです。

東京で活躍されている ‘ 暴れん坊の女性税理士先生 ’なんです。

エヘヘ 本当は ‘ 素敵な女性税理士先生 ’なんですよ。

電話でも ブログで感じていた通りの 素敵な方で 

今から もう ワクワク ドキドキ なんです。

それこそ 恋人に 会いに行く そんな感じなんです!

実は この先生の ご家族 凄いんです。

御主人はもちろん 税理士先生。

息子さんも 税理士先生

娘さんも 公認会計士先生。

きっと お父さん そして お母さんの

素敵な姿を お二人のお子さんは 観て

同じ道を 選択したんでしょうね!!

こんな素敵なファミリーと お会いできるなんて

最高に 感動的な出会い になると思っています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り二ヶ月??・・by鈴木

今年も あと・・残りわずか二ヶ月??

それとも まだまだ二ヶ月ある??

考え方によって 時間の使い方が 違ってきますよね。

ゆとりをもって 仕事に 取り組む人 そして

焦って 仕事に取り組む人  ・・ 大きな違いがでますよね。

それにしても 今年は ほんとうに 超~~最高にラッキーで

ツイテる 一年なんですよね!!

仕事の充実も そうなんですが 

たくさんの 素敵な人との 出会いが ありました。

実際に お会いしていなくても このブログを通しても

ほんとうに 素敵な人との出会い を頂いているんです。

この原因は と考えますと ・・

おそらく 発信しているから だと思うんです。

発信せずして 受信は ないんですよね。

そんな あたりまえのことなんですが

今年は この原理を 改めて 実感しています。

ありがとう!!  たくさんの 素敵な方たちへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸せな親族・・by鈴木

昨日は 本家の3回忌でして 親族一同が 久しぶりに

30名ほど集まったんです。

僕は この集まりが だ~い好きなんです。

兄弟間  従兄弟間 み~んな仲が良いんです!!

時として 仕事上で 争族を 拝見させて頂いて

いますから 余計に ‘ 我が 鈴木一族は 最高の親族 ’

って 実感するんです。

昨日は 父方の親族の集まりでしたが 

実は 母方の親族も み~んな仲が良いんです。

こんなに素晴らしい 環境の中にいられて

最高に 幸せなんです。

改めて 先祖の方々に 感謝する 日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誇りの議員さん・・by鈴木

‘ 誇れる国、美しい日本 ’ ・・ を理念とする 安倍さんの力量が

来年7月任期満了に伴って行われる 参議院議員の選挙によって

示されることになりますね。

安倍さんに限りませんが  日本のリーダーに対する国民の期待

は 今も昔もそして これからも 賛否両論ですよね。

僕個人としては ‘ 目的が明確で 着実に実行する・・タイプ ’

のように感じています。

実は 僕たち資産税部門の テーマも ‘ 美しい相続 ’ なんです。

もちろん 安倍さんよりも 先に 公言しているんですからね!

真似では ないですよ! 

安倍さんも 世間に ‘ 曖昧な表現で 具体的でない ’ なんて

言われていますが ‘ 分かる方には 分かるんですよね ’

ね~ 安倍さん。・・エヘヘ

ところで 初めて紹介するんですが 当事務所には 素敵な議員さん

が 在籍しているんです。

蒲郡市の議員さん・・ ‘ 松本 まさなり ’さん なんです。

議員さんとしての仕事ぶりは とっても良いとの・・評判です 。

その結果として 前回 二期目の選挙では 上位での当選だったんです。

当事務所での松本さんの存在は  船頭になって 業務を推進する役割

なんです。 モ~~ ほんとに 仕事が早いんです !! 

二束のわらじ を 見事にこなされているんですよ !!

やはり そういう人物だからこそ 街の代表として 

活躍されているんでしょうね。 

来年は 三期目を 目指しての 選挙があるようですが まず

間違いなく 上位当選 という結果になると 期待しています。

ガンバレ マッチャン !!  我が 誇りの議員さんです!!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第51回SIC杯・・by鈴木

昨日は 一年に二回 開催させて頂いている 

第51回 SIC杯 だったんです。

爽やかな秋空の下 これ以上ない 最高のゴルフ日和でした。 

今回も 沢山のお客様に参加していただき 賑やかで楽しいコンペ

になったんですよ。

顧問先のお客様 相続でご縁のお客様 提携企業の方

顧問先の知人の方 

ほんとうに 多くの方に 参加していただきました。

ゴルフという ステージで たくさんの交流を深めて頂くことが

この会の目的なんです。

おかげさまで 今回も 帰られる皆様の 顔が 満面笑顔で

あったことが 何よりも 最高の喜びでした。

この先 SIC杯が 永遠に継続するために 

現役の僕たちは 目一杯の おもてなしを これからも

続けていきたいと 思っています。

追伸: 一緒にプレーさせて頂いた つづき動物病院のコウちゃん先生

     優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷土を愛する・・by鈴木

先週末から 日本一の祭りに行ってきました。

48時間 街中が祭りで 凄いんです!! 熱いんです!!

祭りの期間は 学校 企業 もちろん・・ 休みなんです。

10万人の市民が そして 地方からの観光客を 合わせると??

凄い数の人出なんです。

この祭りの期間  この街の老若男女 全ての人々が

熱く 熱く  街中が 活気に満ち溢れているんです。

この祭りに 参加して 思ったこと

郷土を愛する気持ち を 持ちたいと・・

そして 郷土の祭りを もっと熱くしたいと・・

そんな夢を抱きました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50kmサイクリング by松井

 昨日、日曜日に家族でサイクリングへ行ってきました。実は最近知り合った方々が、自転車ライフを楽しんでおられまして、その影響で自転車っていいかもと思い乗り始めたんです。中学のときは毎日自転車で片道7kmぐらい?のアップダウンの激しい道程を通っていまして少しは自信もあったんですが久々に乗ってみると、きつい・・とにかくきついのが正直な感想でした。でも風切って自転車のるのは壮快で、少しはまり気味です。それからとゆうものその方達のよく自転車談義を聞かせて頂きその中で初心者向けのサイクリングコースとして紹介していただいたのが昨日行った安城豊田サイクリングコースです。

まず自宅が岡崎市ですからそこから自転車で安城の堀内公園を抜け安城厚生病院横から明治用水沿いに作られたサイクリングロードに入りひたすら豊田に向け走り始めました。小学5年の息子と嫁さんも一緒ですから出来るだけゆっくりとしたペースで安城の豊かな田園風景から安城の市街地にはいりまた田園風景と変わって行きます。そして豊田市にはいり今日も目標であった三連水車まで到着!息子はかなり疲れた様子?(単に腹が減っただけ)近くのベンチで昼食をし帰路につく帰り道嫁さんがザ・モール安城に寄りたいとの言ったのでウィンドショッピング。そしてまた自転車で安城市街地まで行きそこから岡崎方面へ左折。そして自宅近くの自転車仲間の店に寄る。その店はお茶屋さんなんですが自転車屋?の様に人が集まっています。すぐに店の中からご主人が出てきたので本日の走行の報告をするとママチャリレースに家族の部で出ればと誘われる。家族の同意が無い為検討事項とさせて頂き自宅に戻りました。長時間自転車に乗っているとお尻が痛くなるオマケも体験し約50kmのサイクリングは終了しましたが、どんな趣味も仲間がいると一人でやるより続きそうですよねぇ。今後も自分のモチベーションを維持する為に趣味仲間とはお付き合いして行こうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三日坊主・・by鈴木

以前の僕でしたら 何事も三日坊主が 大半を占めていたんです。

ところが この‘ ブログ ’のおかげでしょうか? 身近なことで

三日坊主にならずに 継続されることが でてきたんです。

これは ・・ ‘ 大きな変化 ’ です。

最近も 日本一の祭りで神輿を担ぐために 早朝マラソンを復活

したんです。 まだ五日目ですが絶やさずに 続けているんです。

そのおかげで ・・ ‘ 朝飯 が 美味い ’ ですよね。

‘ ブログ ’にかけた 情熱?? が 他にも派生しているんですね。

これも アクセスしていただいている そして コメントを頂いている

皆様の御蔭です。 ありがとう ございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原点回帰・・by鈴木

先日の 研修での テーマ ‘ 原点回帰 ’ 

僕は この会計業界に 今も 存在する理由 それは 

やはり ‘ 飯塚毅 ’さんの心に 惹かれているからなんだと思います。

昨日の研修では その 飯塚会計事務所の鹿沼事務所を継承されている

先生のお話を聞かされまして ・・ あらためて ‘ 原点回帰 ’ に立つ

ことができました。

監査業務において 法的な知識はもちろんですが 最重要としては 

監査業務をする ‘人間の心’ がどのような状態であるかが 一番大切

であることなんです。

‘雑念の中で執行’ ‘仮定との妥協’ このような心理状態では

本来の ‘ 監査 ’はできないんですよね。

監査に限らず 日常生活においても 同じことがいえますよね。

勇気 正義 ファイト この姿勢で 人生を歩みたいものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ・・by鈴木

テレビドラマって 連続して観る必要があるから 

意識してみないようにしているんです。

ビデオに撮ればいいんですが 性格的に ‘その日’に みないと

気がすまないいんです。 

ですが・・例外のドラマ・・Drコトー これだけは 例外なんです。

なぜか 不思議と心が 洗われる ・・そんなドラマなんですよね。

ほかにも たくさん そんなドラマがあると思いますが

僕は これだけは 見逃せないテレビドラマ なんです。

共感される方・・いますか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TKC秋季大学・・by鈴木

今日は 年に一度の TKC中部会・秋季大学 に行ってきました。

愛知 三重 岐阜 の会計人900名ほど 集まりまして 

TKC血縁集団の 団結式が 行われました。

記念講演では 映画 「 不撓不屈 」 で 飯塚毅先生役 の 

滝田 栄 さん が お話をされ

そして アトラクションでは

林家 正蔵 さん の古典落語を 聞くことができました。

秋季大学を終えて・・

あらためて ‘ 飯塚 毅 ’ という 人間に 感銘を受けました。

僕の場合 社会人 復帰としてのきっかけは

故 飯塚 毅先生との 出会いがなければ ここまでこの業界に

いなかったといっても過言ではないくらい 僕の人生に影響を

与えた人なんです。

今日の秋季大学のテーマは ‘ 原点回帰 ’ なんです。

原点に戻って この道に踏み入れた時の ‘ 心 ’ を

再度 確認するきっかけになりました。 

追伸 : 中日ドラゴンズ優勝!! バンザ~イ バンザ~イ !!

      最高でしたね 男 落合博満 !!

Douage

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残念映画初出演ならず  by松井

 久々の日記です。

昨年の11月私が初めてエキストラに参加した映画『実写版テニスの王子様』のDVDレンタルが去る9月28日スタート!

10ヵ月前の撮影の事を思い出すと当日は雨が時々降る悪条件、設定は夏なので本番イキマースの声と同時に上着を脱ぎ皆半袖に   う~ん寒い・・・

しかしそこは田舎者 有名人の出演者 岸谷五郎さんや子供のいる人はわかるかなぁデカレンジャーにでてたデカレッド役の載寧龍二君をみて 本物だぁ~ っと家族全員で楽しく一生懸命参加したのが走馬灯のように浮かびます

長かった10ヵ月   ようやく我が家族映画出演の事実を検証できる条件が整いました。

家族全員TVの前に揃いまして、当然私の手にはリモコン いざいざスタート

そこでストップ  コマ送り いや映ってない またスットップ コマ送り いや映ってない

ストーリーはどんどん進みラストシーン   そして字幕 

やっぱり撮影当日の天気のせいか本編には使われなかったのか・・・

いやまだ現代の利器DVDには、よく映像特典なるもがあるではないか次々と映像特典を見てゆく 

あっーこっこっこのシーンは間違いなく我が家族が参加した日の映像!

しかしカメラワークの関係であまりにも小さい為確認不能

そういえば撮影時私は、テニス用のアディダスのキャップを被っていたのですが 

スタッフさんが、「すいませーんアディダスの帽子の方、アディダスはスポンサーではないのでマーク後ろにしてくださーい、まぁだいじょーぶだと思いますけど」 

大丈夫?もしかして映らないって事?なんて不安に感じたのが思い出される。

しかし、撮影現場の緊張感や映画製作の一端に触れとても刺激的だった事や、この事で10ヵ月も楽しみが出来てとてもよかったと感じてます。

さて映画デビュー?はいつになる事やら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋ですね~・・by鈴木

秋と言えば・・

1. キンモクセイの 優しい香り

2. スポーツ

3. お祭り

4. 食欲

5. 紅葉

いろいろ ありますよね!

今年は 老体に鞭打って 気合をいれて・・

日本一の祭りで 神輿をかつぐことに しました!!

今できること 今しておかないと できませんからね!

観ることはいつでも できますが ‘ 行動 ’ することは

いつでも できませんからね。

~ 思う存分 テンション 高めて ~ 

 ヨイ ヤサ~ ヨイ ヤサ~  

秋を 満喫しましょうね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

申請社会・・by鈴木

相続の現場にいると 実感するんですよね。

日本の社会って 申請社会・・なんだということを!

専門の方でも 忘れてしまいそうな 又 知らなかったとか・・

亡くなられた方の 財産なんだけど・・申請しなければ

お金がもどってこない・・ってこと よくあるんですよね。

相続手続きを 一生に一度経験するかしないかわからない 

一般の方からすれば 知らなくても当然ってこと・・

たくさん あるんですよね。 

身近なことで言えば

1. 高額療養費の申請

2. 医療保険金の申請~はたまた死亡保険金の請求

3. 介護手当金の請求

4. 不動産不存在などによる固定資産税の還付請求

などなど 

請求をしたことによって 数万円~数百万円のお金が・・ってこと

あるんです。  

相続人が 高齢者の方だけの場合は 名義変更などの手続きだけで

大変です。 

高齢者の方に限らず 多くの相続の現場で 少しでもお役に立てるように

お手伝いをさせていただきたいと 思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心~コロコロ・・by鈴木

心 コロコロ とはよく言ったものですね。

昨日 晴れていたと思えば 

今日は 雨

明日は ドシャぶり・・?

人間の心 って いやいや 僕の心は 本当に コロコロと

変わるんです。 

自分でも なかなかコントロールできないんですよね。

ただ ひとつ言えることは

原因は 全て 自分の中に あるって ことです。

自分の周りに 原因を探しているうちは まだまだ ・・ 。

~~ それでも いろんなことあるから また 面白いんですけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念・・by鈴木

昨日は 名古屋で あの方と 再会できる日だったんです。

実は 先月の感動塾セミナーで 感動を満喫させていただいた

平野秀典さん との交流会があったんですが

残念なことに 予定がどうしても

つかず あ~ 悔しい~ ・・。

あの日から 僕の生き方が 変わったと言っても 過言では

ないくらいに ・・ 変わったんです。

確かに ガラッ とまでは いきませんが

例えば

1. 仕事で お客様とお話をしていても どうすれば 楽しく 感動的な

  仕事ができるのか・・。

2. 事務所での研修 そして 外部研修での講師の場合

  どのような演出をすれば 感動を 与えられるのか・・。

3. 高齢で寂しがりやになった両親に 如何に接すれば

  また如何に言葉を交わせば 喜んでもらえるのか・・。

などなど 如何にすれば 相手が 喜び 感動をしてもらえるのか

・・ 演出なるものを 少し考えるようになったんです。

自然に振舞えるようになれば 一番いいんですよね。

ですが まだまだ未熟な 僕としては 意識して行動しなければ 

まず自分のことが優先になってしまうんです。

平野秀典さんとの 出会いが これほどまでに ・・

素敵な人との出会い って ほんとうに ステキ ですね!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

検認の審判・・by鈴木

昨日 危急時遺言の 検認の申立に対する審判が

裁判所から届きました。

3月中旬から始まって 実に 半年間かかりました。

この案件は 前提条件として相続人不存在でしたから

ほんとうに 気を引き締めて 手続きを進行させていただきました。

同時に 遺言執行人の選任もさせていただき

これからが 本来の業務になるんです。

がんばって 年内には 終わって 関係者の方に

安心して いただこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が極真空手・・by鈴木

昨日に続き 武道の話になります。

僕は 今でも極真の精神を 受け継いでいるつもりなんです。

最後の席は 芦原英幸先生の芦原空手ですが

基本的には 大山倍達先生が築きあげた 極真空手が ふるさと なんです。

今をときめく K1の正道会館も 極真空手~芦原空手~正道空手

なんです。 

実は 悲しい出来事なのですが・・ 極真の同志が 未だに 分裂してるんです。

総帥 大山倍達先生が 平成6年に亡くなられ 12年の歳月が

経っているのですが 相変わらず 裁判沙汰を 続けているんです。

最近の裁判では 僕が名古屋で修行していた道場の師範が

今では分裂した一つの団体の理事をされていて 提訴していたんです。

実は 今 極真空手は 大山総帥の相続開始後 

なんと 四つの団体に 分裂してしまったんです。

本来 団結するところ なのですが お互いが自らの主張を

曲げない状態になっているんですね。

この状態の引き金になったのは ・・

遺言なんです。

危急時遺言という 特別の遺言によって 極真会館の承継

をある人物にしていたのですが

その 危急時遺言が裁判で 無効になってしまったんです。

この事件以来~ 12年間 未だに ・・・。

悲しいです。 

真(まこと)を極める道の 極真空手 ・・ 軸がぶれていては

今 修行している そして これから 修行する 若者たちに

しめしがつきません!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »