« 意思表示・・by太田 | トップページ | サラリーマンの訴え・・by鈴木 »

相続税と生命保険の年金特約・・by木下

相続税の節税対策、納税資金対策として代表的な生命保険金。

この死亡保険金は一時金で受取っても、年金で受取っても非課税の規定は

適用されるのですが、

  ① 一時金の場合

     一時金受取額-非課税枠(=500万円×法定相続人の数)

  ② 年金の場合

     年金総額×(受取年数に応じて70%~20%)-非課税枠

となり、年金での受取は相続財産が非常に小さくなるのですが、その後の

年金受取時には毎年、雑所得として年金に所得税が課税され、その負担

も大変。相続税が課税された後に所得税がまた課税されて、なんだか2重

課税のような?

先日、長崎の地裁でこの取り扱いを巡って、

「相続税課税後の所得税課税は2重課税であり、所得税の課税の取消」

の判決が。尚、国税庁は控訴しているとのこと。

今後の行方に注目したいですね。

     

|

« 意思表示・・by太田 | トップページ | サラリーマンの訴え・・by鈴木 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そのような判決が長崎であったとは知りませんでした。参考になりました。ありがとうございます。

投稿: 出口 茂 | 2007年4月13日 (金) 10時48分

コメント、ありがとうございます。
私自身どちらかというと、保険自体は少し苦手ですが、
相続対策には有利なようで・・・。

投稿: 木下 | 2007年4月13日 (金) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161406/14656661

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税と生命保険の年金特約・・by木下:

« 意思表示・・by太田 | トップページ | サラリーマンの訴え・・by鈴木 »