« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

共有・・by鈴木

親戚の 叔父さんの お話です。

叔父さんは 4人の子供たちが み~んな可愛い・・と 言って

ご自分の 広い土地を 生前贈与で 4人の子供の共有名義に

されたんです。

今 子供さんは 確かに 仲が良く 問題ないと 思うのですが

・・

みなさんは どう思いますか??

夫婦での共有は 良いと思うのですが 兄弟となると・・

事情が違ってきますよね。

この先 万が一にも 兄弟喧嘩 お嫁さん同志での仲違い 等など

・・ 考えたら できる限り 共有は避けたほうが いいですね。

叔父さんの 子供たちへの想いは 平等であっても・・

受け取る側の 子供たちの想いは 平等でない場合が 多いんですよね。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

セミナー開催・・by鈴木

最近では 民間企業さんと 同じように 金融機関さんも 休日に

開店されて 相談会とか 研修セミナーを 開催される

ところが 増えてきましたね。

地元の金融機関さんも 来月から休日(二ヶ月に一日)に開店

されることになったんです。

少しでも多くの方に 来ていただけるように 企画されているんです。

そこで 当事務所に お声をいただきまして 

「 資産運用 と 知っておきたい相続対策 」 という テーマ

で セミナーを開催させていただくことになったんです。

初日ですから 金融機関さんの期待に できるだけ応えたい・・

そう思って 気合をいれて 頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家の味・・by太田

最近年をとったせいか、以前より涙もろくなってきました。

昨日も、ドキュメンタリードラマにうるうるしてしまいました。

そのドラマの内容は・・・

お料理が大好きなお母様が、お嫁さんにお料理を教えていこう

と思っていた矢先、病で帰らぬ人となってしまいました。

元気をなくしたお父様のために、お嫁さんがお母さんの味を

再現しようとしますがなかなかうまくいきません。

そんな折、台所で「わが家の味」と書かれたノートを発見。

そこには、お母さんの秘伝のレシピが、

話し掛けるようなことばで書かれていたそうです。

自分の味を家族のために残そうとしたお母さん、そして

それを引き継ごうと頑張ったお嫁さんの温かさを感じました。

ところで うちに “ わが家の味 ” って、あるかな???

手抜き料理をちょっと反省 ・・・ です。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姿・・by鈴木

今日は 嬉しいことが あったんです!

元モデルそして今はアナウンサーの方が 講師を勤める

「 話し方セミナー 」 に参加してきたんです。

講師の女性は さすがに 姿勢もよく 話し方も綺麗で ・・・

‘ 凛 とした 人 ’ とは こういう人なんだと 思うほどだったんです。

途中 参加型として 前に出て 数名の方が 姿勢の指導

をしてもらったんです。 僕も参加させていただき その先生から

‘ 良い姿勢ですね ’ って言われたんです!

もちろん 先生の指導のお陰なんです。ですが そのような姿勢が

出来たこと自体 とても 嬉しく ・・ 親からの 相続( 姿 形 )に

改めて 感謝した 今日のセミナーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き返る・・by鈴木

身寄りのない方が 亡くなられて 既に 一年が

経ちました。 

病に伏せてから その方の愛車は ず~っと 陽のあたらない

車庫の中に 置かれたまんまだったんです。

きっと 御主人の帰りを 待っていたと思います。

一年も待っていると バッテリーもあがり エンジンがかからない

状態でいたんです。

ですが 今日 久しぶりに エンジンをかけてもらい

車屋さんに 引き取られていったんです。

その姿を観ていて なんとも 寂しい感じがしました。

やっと 元気を取り戻したと思ったら 家をでなければ

いけない・・ 嬉しくも 悲しい場面でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いごこち・・byすずき

一緒にいて いごこちの いい人になりたいなあ~

って しみじみ・・思いました。

今日、突然 事務所に 相続でお世話になった 

82歳のお爺ちゃんが 来られたんです。

相続業務で 何度もお会いしていたんですが

何故か そのお爺ちゃんと一緒にいると ・・

とても ハッッピーな気分になるんです。

お爺ちゃんの笑顔・・ もう 本当に 素敵なんです。

一緒にいて いごこちの いい人 に 一歩でも

近づきたい ・・ そんなことを 教えていただきました。

ありがとう お爺ちゃん!

  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

72の法則・・by木下

団塊の世代の退職が始まり、沢山の退職金?を夢見て、資産運用を

検討されているのでは。

長引く預金の超低金利に嫌気がさして、投資信託、株式への投資も年々増加。

一昔前、郵便局では7%の利率で10年間の複利運用をした時は貯金が2倍に

なって~、なんて夢もありましたが。

難しい複利計算によれば、

投資には資産を2倍にする「72の法則」があり、資産を2倍にする年数が、

 ① 年1%での運用の場合は

     72÷1=72年

 ② 年7%での運用の場合は

     72÷7≒10年

かかるということです。

(私も2年ほど前から投資信託を購入したのですが、なかなか夢に手が

とどきません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想いの実現・・by太田

昨年亡くなった岡崎市の男性(80歳)の遺言が執行され

社会福祉法人に約4,400万円が寄付された 

との記事が新聞に載っていました。

この方は身寄りがなく、

財産を社会に役立ててほしいとの想いから

遺言公正証書を作成されたようです。

この男性が遺志を “ 遺言 ” という形で遺された想い・・・

そして、その内容を確実に実現された遺言執行人の方の想い・・・

遺産を受け取られた社会福祉法人の方は

きっと、これらの想いを多額の遺産とともに受け継がれ

役立てて行かれるのだろう・・・と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気になりたい・・by鈴木

昨年 亡くなられた方の日記を 改めて読み直す

機会がありました。

その方は 亡くなる一年前から 会社に行くことも

できず 闘病生活を送っていたんです。

健康になることが 唯一の夢 だったんです。

亡くなる数日前 ・・ 最後の 日記は

‘ よ く な り た い ’

そして 一週間後に 天国へ。

日記のそばには 時を刻む腕時計が カチカチ・・と

その方に代わって ‘ ここに いるんだよ! ’ ・・って

声がするんです。

今 こうして 元気でいられることに 感謝しなければ

いけませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アパートと借入金・・by木下

相続対策でよく活躍する、借入金によるアパート建築。

その効果はみなさんもよくご存知だとおもいますが、

この借入金の返済方法には、元金均等払いと元利均等払いがあり、

  ① 元金均等払い

      月々返済していく元金が一定のため、元金部分の返済が早く、

       利息の支払総額が②の場合と比べて少ない。また、返済期間

      の後半は返済負担が小さくなります。但し、返済当初は返済金

      額が大きいことが難点。

  ② 元利均等払い

      返済期間中の月々の元金と利息の合計額が一定であるが、

      借入当初の月々の返済は利息が大半を占め、元金の返済

      が少ないため、①に比べて利息の支払総額が大きい。

借入金利が少しずつ上昇する不安がでてきたり、アパートも長年経つ

と、空室率が増加し、入居率低下による賃貸収入の減少、修繕費の増

加の心配もでてくることから、借入金の返済方法の選択も重要では・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動・・by鈴木

今日は 今月から施設に入所した 僕の大事なお婆ちゃんに

会いに行ってきました。

お婆ちゃんは 痴呆が少しすすんでいるって 聞いていたので

実際に会って 孫の僕のこと わかるかな~って 少し不安が

ありました。

でも 東京の野口先生に ‘ 面会者が居るだけで 嬉しいのよ ’

って 教えられましたから ・・

会うことだけを 楽しみに行ってきました!

施設に着いて お婆ちゃんがいる部屋に 行ってみると

スヤスヤ 寝ていたんです。 それでも 僕は お婆ちゃんを起こして

(わがまま?) 声をかけたんです。

そしたら お婆ちゃん すかさず 体を起こして 

嬉しそうな顔をして 笑顔を僕に くれたんです。

確かに 痴呆はありますが 元気なんです 94歳の僕の

お婆ちゃん。 年輪を重ねた お婆ちゃんの手を ず~っと

握っていたら お婆ちゃん・・涙流して うつむいたままなんです。

時折・・ ‘ 遠くから わざわざ ありがとう ありがとう ’ って

言うんです。 面会時間は ほんの少しでしたが 感動の時間を

お婆ちゃんから いただきました。

これからも 時々 大好きなお婆ちゃんに 会いに行きます! 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サラリーマンの訴え・・by鈴木

相続が 起きますと 税金の心配がありますが

ご存知のように 相続税は 全体の4%の方が対象

になって 96%の方は とりあえず 今の法律では

心配しなくてもいいんです。

ところが 遺産の整理は 100%の方が 手続きをしないと

いけないんですよね。

遺産整理をされる方が サラリーマンの場合ですと 

数日間 会社を休まないと出来ないのが現実なんです。

先日も 忙しくされている サラリーマンの方が相続の

ご依頼に来られました。その方も 遺産整理業務のために

4日間 会社を休まれていました。

休まれる前に ご依頼していただければ よかったんですが・・。

その方曰く ・・ お役所さんも 銀行さんも 保険会社さんも

土曜日・日曜日に 開けて頂いたら 有難いのになあ~

って 言われていました。

因みに 当事務所では ご依頼があれば 休日でも 

皆さんの お役に立ちたい ・・ と 心掛けています。

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

相続税と生命保険の年金特約・・by木下

相続税の節税対策、納税資金対策として代表的な生命保険金。

この死亡保険金は一時金で受取っても、年金で受取っても非課税の規定は

適用されるのですが、

  ① 一時金の場合

     一時金受取額-非課税枠(=500万円×法定相続人の数)

  ② 年金の場合

     年金総額×(受取年数に応じて70%~20%)-非課税枠

となり、年金での受取は相続財産が非常に小さくなるのですが、その後の

年金受取時には毎年、雑所得として年金に所得税が課税され、その負担

も大変。相続税が課税された後に所得税がまた課税されて、なんだか2重

課税のような?

先日、長崎の地裁でこの取り扱いを巡って、

「相続税課税後の所得税課税は2重課税であり、所得税の課税の取消」

の判決が。尚、国税庁は控訴しているとのこと。

今後の行方に注目したいですね。

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

意思表示・・by太田

思いは黙っていても伝わりません。

言葉や行動でちゃんと示すことが大切ですよね!

これは、財産の贈与においても同じことが言えます。

たとえば、

親が子どもの為にと、子ども名義の通帳をつくり

こつこつと貯金をしていたとします。こっそり、内緒で・・・

親が亡くなり、子どもがその通帳を発見。

この貯金はいったい誰のものかというと

“名義預金”として亡くなった親の財産と判断され、

相続財産に加算されることになります。

贈与は、あげる側だけでなくもらう側の意思表示も必要として成立するため、

もらう側に伝えていなければ贈与とならないのです。

他にも、相続時精算課税や各種特例など贈与税と相続税の関係は複雑です。

相続税の節税のために贈与をお考えの場合は、

特に事前の検討が大切です ・・・ ご相談くださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈与税の配偶者控除・・by木下

婚姻期間20年以上の夫婦においては、贈与税の配偶者控除として、2,000万円

まで居住用不動産等を贈与税の負担をすることなく贈与ができ、相続対策として

効果が大きいのであるが、この贈与については、

  ① 登録免許税が

      ・ 贈与の場合・・・・2%

      ・ 相続の場合・・・・0.4%

  ② 不動産取得税が

      ・ 贈与の場合

              土地・・・4%(H21.3.31までは1.5%)

              家屋・・・4%(H21.3.31までは3%)

       ・ 相続の場合・・・・0%

    更に、贈与税の配偶者控除の贈与は

      ⅰ 土地のみ

      ⅱ 建物のみ

      ⅲ 土地及び建物

    のいずれも2,000万円の対象となるが、一定の居住用不動産を贈与し

    た場合の不動産取得税の軽減は上記のⅱ及びⅲとなり、上記ⅰの場

    合には適用されません。

また、贈与した土地については相続時に小規模宅地等の特例の軽減を受け

ることができません。

贈与による費用負担と相続税の節税額を比較して贈与を検討する必要があ

ります。    

    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

会いに行こう・・by鈴木

僕の 唯一の お婆ちゃんが 先日 老人ホームに

入所されたことを 聞きました。

年齢は90歳を超えていまして 少し痴呆があるんです。

今まで お婆ちゃんに 愛され続けているにも 拘わらず

これといって お婆ちゃん孝行 ・・ していないことに

今更 後悔しているんです。

だから せめて ほんの少しだけど 傍にいてあげようと

ホームに会いにいこう・・と思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花開く・・by鈴木

昨日は 小雨の降る中 名古屋城周辺で お花見をしました。

たくさんの 人たちが 満開の桜の花を 満喫していたんです。

素敵な桜が 食をすすめて~ お酒をすすめて~ もう~お腹いっぱい

になるまで 楽しい宴会が できました。

そして 今日は 早朝マラソンで 川沿いの桜を見ながら

走っていました。そして ・・ 思うことが・・。

昨日の 名古屋城の 桜の木々は 沢山の人たち

に喜ばれて 花を満開にしていたんですが・・

今日の 川沿いの 桜の木々は 誰からも見られずに

それでも 綺麗な花を満開に しているんです。

花開く って 人に認められることでは 無く・・

自分が 自覚することなんですよね・・そんなことを

誰にも見られない 散り行く 桜の花びらに

教えられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寺小屋・・by鈴木

今年も 昨年に引き続き 地元のお寺さんで 

‘心の栄養学’ というテーマでの講演で 講師をさせて

いただくことになりました。

檀家さんほか 近隣の方が約30名が 参加されるんです。

○○会館とか・・立派な会場で 講演することも大事なことですが

もっと 身近なところで 多くの方に 聞いていただいて 

僕たちの目指す ‘美しい相続’が 伝えられたら

嬉しいなあ と思っています。

お爺ちゃん お婆ちゃん お母さんたち に お会いできる

こと・・今から 楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相続税と税務調査・・by木下

桜も満開の春となり、新年度がスタートし、企業も何かと忙しい時期では。

税務署等の事務年度といいますと、毎年7月1日~翌年6月30。

では、税務調査のスケジュールですが、

税務署の新年度の7月は移動のため、調査率はきわめて低いようで、8~

11月が本格的な税務調査の稼動ということで、時間をかけて多くの相続

財産の申告漏れと思われる先を調査し、年明けは個人の確定申告時期

と重なるため、調査率は低下。そして、5~6月は調査官の調査件数のノ

ルマがあるようで?実地調査率を落とさないように、、短時間で調査を終了

することが多いようです。

最近の調査に対する申告漏れは90%弱、そのうち預金等の金融資産の

申告漏れが60%弱。(秋の調査は手強い?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金のゆくえ・・by太田

所得税などの 確定申告も終わったばかりなので、(振替納税は4月20日)

自分の納税金額がいくらかを把握されている方は多いと思いますが・・・

さて、その税金がどのように使われているかご存知の方は

どれくらいいらっしゃるでしょう?

恥ずかしながら、私もこれまで考えることもなかったのですが・・・

平成18年度の当初予算から国の歳入・歳出をみてみると

税収でまかなわれている歳入は6割弱。

ナント、4割近くが(約30兆円)が借金(公債金)なのです。

歳出は、社会保障費をトップに公共事業、文教及び科学振興費で

4割強が使われています。

国の公債残高は年々増え続けており、

社会保障給付費もまだまだ増え続けると予想されます。

ということは、さらなる増税の可能性も???

いったい、日本はどうなっちゃうの~と心配になってきます。

私たち納税者は、納税の義務を果たすだけでなく

税金の使われ方にも関心を持つことが必要では  と思うのです。

もしかしたら、それが一番有効な節税になるかも知れません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺す・・by鈴木

遺すでも・・いろいろ ありますが

先日 お邪魔させていただいた お客様のご自宅には

ビックリでした!

実は 相続のお仕事をしていた時には まだ改築前の

古い家だったんですが お父さん お母さんが 亡くなられ

立派な家に 様変わり なんです。

相続人の方は 古い家の 柱 引き戸 桟 などなど 使える物は

すべて 再利用して 改築されたんです。

その古い柱の木(氣)などが ものの見事なまでに 家をひきたたせて

いたんです。今まで お邪魔した どの家よりも 素敵な・・

木 と 氣 の 相続を 感じた 家だったんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »