« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

いつまでも健康で!・・by太田

親戚のおばあちゃんが亡くなりました。

102歳の大往生でした。

5年程前から寝たきりとなり、

最近では、家族以外の人はわからなくなっていたそうです。

誰しも、健康で長生きしたいと願っていると思いますが、 

“老い” は、かなり強敵のようです。

まだ先のこと・・・と、本当の実感はないのですが、

健康には気を付けたいな~

と思うことが増えてきたお年頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとう!素敵な歌を・・by鈴木

ZARDの坂井さんの 突然の死には

本当に驚きました。

と同時に 多くのファンが 悲しむ日となってしまいました。

彼女の歌に どれだけ多くの人が 助けられたのでしょう!

もちろん 僕も その一人なんです。

つい先日 セミナーの準備をしている時・・

何故か 急に彼女の歌声を聴きたくて CDをかけたんです。

元気がでるんですよね。 彼女の歌声って。

彼女のお陰で セミナーにも万全の体制で臨む

ことができました。 ・・ これ ホンとなんです!

彼女の死の原因について いろいろ憶測が飛び交って

いますが・・。

いづれにしましても・・

彼女が 遺した素敵な宝物は 多くのファンの心の中に

永遠に 生き続けていくんですよね。 きっと。 絶対に。

ありがとう 坂井さん。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

争族の増加・・by木下

「近年、遺産分割をめぐる相続人同士の争い、いわゆる争族問題が多発!」

との記事が。最高裁判所司法統計によると、毎年死亡する人は100万人前後

で、その10%、10万件程が争族となっており、更にそのうち10%が家庭裁判所

に遺産分割事件として申立されているようです。核家族化、家族の構成や意

識が大きく変化し、相続人の権利意識の高まりによるものが増加の要因。義

務を果たさず、権利のみ主張。特に土地などの不動産が多い場合には、価

格的に平等に分割することが難しく、揉めるもと。

遺言というと、亡くなるのを待っての遺書という感じで、どーもイメージが暗いで

すが、遺言書を書き残すことによって、その争族問題を大きく軽くすることがで

きます。

(私の親族でも調停まで持ち込んだ件数が3件。揉めるような財産はなかった

のですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約束・・by鈴木

昨年 御主人が亡くなられ 一周忌の場で・・

その相続人である 奥様と子供さんが

御主人のご兄弟に・・

‘5年前に死んだ 俺たちの親父の 財産分けを してくれ!’

こんな場面があったんです。

昨年亡くなられた御主人は 5年前に亡くなられたお父さんの

財産を 一旦相続されて いずれご兄弟に分けるつもり

でいたそうなんです。

結局 他の兄弟に分けずに 亡くなられてしまったんです。

その事情をしらない 奥様と子供さんは・・

御主人が交わした約束・・ 5年前の財産分けを わかる範囲で

分けてあげられたそうです。

この世での約束事は ・・ この世で。

いずれにしましても 奥様とその子供さん・・素敵ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

安心感・・by太田

なつかしい友だちから電話がありました。

彼女は、ご主人を亡くして6年、

仕事と子育てに精一杯だったようです。

子どもも大きくなり、心に少し余裕ができた・・・と

久しぶりの長電話になりました。

いろんな話のなかで、

ご主人に相談しても、いいかげんな返事ばかりで頼ってるつもりはなかったのに、

亡くなってから不安な気持ちになった ・・・ と

そんな彼女の気持ちを聞いて はっと しました。

うちも、聞いてるのか聞いてないのかわからない人だけど

てきとーな返事でも返してくれる、そして そこに存在してくれているだけで

きっと 支えられているんだな~ と 

もうちょっと、大事にしてあげなきゃ ・・・ と 今日は(?)思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニーズ・・by鈴木

日曜日 金融機関さんの休日相談 オープン記念セミナーと

題して ‘資産運用と相続対策’をテーマに お話をさせて

いただきました。

‘‘お客様そして金融機関さんの期待に 応えられたかな~?!’’

僕たちのセミナーは さておきまして 今回から休日オープン

されて ・・ お客様の反応はと いいますと・・凄いんです!

年金の相談コーナーは 予約がいっぱいになってしまいまして

担当の女性社労士さんは 大変だったと思います。

僕たち 会計事務所も サービス業ですから もっと

お客様に 気軽に足を運んでいただけるように 対応しな

ければ・・ と ほんとうに実感しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

誰が買うの?退職手当債・・by木下

「団塊世代職員の大量退職で膨らむ退職金を賄うために、退職手当債を~」

との記事が。公務員の退職金が人件費等の削減では対応しきれず借金で賄

うと。民間企業では大幅な人員削減や賃金カットを伴うリストラは当たり前で、

債務超過の自治体が増えているのに、まだ借金で退職金を・・・。

更に自治体の税収格差是正のために「ふるさと納税」などという制度の創設

の検討が。

公務員の退職金のためのふるさと納税?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなご縁を・・by鈴木

明後日の日曜日は 楽しみにしていた 信用金庫さんでの

セミナー開催です。

準備は 大変ですが・・ それよりも 新たな出会いがあると

思えば とても楽しみなんです!

どんな素敵な 出会いがあるか・・ それとも無いか

それは やはり 自ら発する エネルギーによる

ものなんですよね。

最近 酢を飲んで 酸性から 健康体の弱アルカリ性に

切り替えているから ・・ きっと 素敵な出会いが

期待できるかも??? エヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

種類株って?・・by太田

新会社法が施行され、1年が経ちました。

これにより株式会社では “ 種類株式 ” といって

 ・ 利益の配当を優先的に受けることができる株式

 ・ 議決権のある株式、ない株式       ・・・ など

さまざまな種類の株式を発行することができる様になりました。

中小企業においては、この種類株式を

争族(後継者争い)対策 として有効活用することもできます。

たとえば、

2人の兄弟のうち兄に事業を継がせたい場合

  兄の株式 ・・・ 議決権はあるが、利益の配当が少ない株式

            (経営の実権を掌握できます) 

  弟の株式 ・・・ 議決権はないが、利益の配当が多い株式

            (経営への関与は制限されますが、配当のメリットがあります)

と、しておくなどです。

これら種類株式の発行においては、定款で定め、登記することが必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鑑・・by鈴木

ご両親を 亡くされて そのご両親の介護をされていた

奥様が 疲労で入院されてしまった その御主人と・・

最近ご縁がありました。 

一年前に・・家族で 旅行に行くためにと ご購入された

新車は これからは必要なく 介護用の車両に ・・即

買換えたそうです。

素敵な庭付きのご自宅も これからは不要になるから

と・・一周忌を迎える頃には 転居を考えているそうです。

この御主人・・

辛さ 寂しさ の真っ只中でありながら 懸命に仕事と向き合い

ご病気の奥様の入院先には 毎日通われています。

愚痴をこぼすでもなく 笑顔を振りまく その姿に・・

己の生き様を 顧みると・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

困ってしまいました・・by木下

政治資金管理団体の人件費以外の5万円以上の経常経費についての領収書

の写しの添付を義務付ける政治資金規正法が改正される予定。参院選を控え

政治資金の透明化に向けた対策のよう。

「自由な政治活動が出来なくなる!」との理由から野放しになっていたようだが、

なぜ、これらの内訳が公表されると自由な政治活動が出来なくなるのか?

会社経営においてはこのような基準は無く、本来領収書とは経費の正当性を

立証するための大事な証拠書類のはず。政治資金管理団体の主な収入源は

国からの予算、つまり税金。

先日お客様との話題で困ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日・・by鈴木

親不孝者のこの僕も この日ばかりは

孝行息子のフリを させていただきました。

先月 母の母(僕のお婆ちゃん)が 施設に入ったのですが

母は 会いに行くことを 止められていたんです。

(面会することによって お婆ちゃんが 悲しむからなんです)

ですが 一ヶ月たって 母の 早く行きたい気持ちを

叶えてあげたく ・・ フリの実行をさせてもらいました。

母も 母の母も 涙の面会でした。

母の日でもあり 母の母の日を 叶えてあげることができて

本当に良かったな~ って 思いました。

来月は 父の日。 二回目のフリをさせていただきます。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとう!400回・・by鈴木・木下・太田

今日のブログで なんと400回になるんです。

ブログの世界では ごくあたりまえかもしれませんが

継続することの 大切さ 大変さ ・・そして何よりも

沢山の感動 出会いを このブログから いただく

ことができました。

昨年一年は 一人で掲載させていただきましたが

今年に入って 仲間の才女二人・・

木下さん そして 太田さん の 

協力を得て 継続させて いただいています。

もちろん 表にでてきませんが SICスタッフ全員の協力

があって 400回を 迎えることができたのです。

これからも SICのブログ ‘相続☆☆夢物語’

を どうぞ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

感動の再会!・・by鈴木

前回のブログ(想いは叶う)で ご紹介させていただいた

地区の役員さんと 講演の件で お会いさせていただき   

・・ ちょ ・ ちょ ・ ちょ ・ 超~ 感動だったんです!!

なんと 僕の保育園時代の 保母さんだったんです!

ただ 悲しいですが 僕は覚えていないんです。

っでも っでも 

も~~ 本当に嬉しかったんです!

実は 先生のほうは 僕の名前を見て 既に ‘ピンッ’

ときていたそうです。

感動でした! 40年も前の 保育児の僕のことを 覚えていて

くれたんですから。

地区のため そして 恩師である先生のためにも

少しでも 役に立つ講演を させていただきたいと思っています。

こんな 素敵な・感動的な 出会いの演出をしていただいた

お寺さんに  めちゃくちゃ 感謝です!

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

母の日・・by木下

もうすぐ母の日ですね。

先日、近くのスーパーに可愛い洋服があったので、久しぶり?に母の日(義母)

のプレゼントを、と思い買ってきたのですが、母は若干体がふくよかなので、

サイズが心配でしたが、母は自分が持っている洋服に重ねてみて、「大丈夫、

着れるわ」と、喜んでもらえたのかな。

この母の日の由来は、ということで調べてみると、1900年のアメリカから始り、

昭和12年に森永製菓が現在のような母の日に広めたとのこと。

では、父の日はというと、アメリカでは母の日を受けてほぼ同じ頃に始まった

ようで、日本では昭和41年にネクタイ業界が広めたとのこと。

(家庭での父の姿は薄かったのでしょうか?昭和41年とは大分後からで。

薄いのは頭ではありませんよ!お父さん頑張れ!!)

追伸、母に台所のお掃除を少し頼んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利にな~れ・・by太田

相続の名義変更手続きのため、

金融機関さん数社に出向いたのですが、

書類の枚数から書式、手続きの方法など全くさまざまで・・・

基本的に、相続人さんが窓口を訪れて手続きをする必要があり、

口座を何ヶ所かの金融機関でお持ちの場合は、

結構な時間を要することになります。

ただ、金融機関としても

後日 トラブル(実際あるそうです)が起こることを避けるため

厳格な手続き、確認をされてるようなのですが・・・

でも、書式の簡略化、時間外の対応 等

もう少し相続人の方に便利になったら・・・と思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

想いは叶う??・・by鈴木

以前から 自分の住んでいる地区で 何かお役にたてれば・・

と 思っていたんです。

それが 不思議なご縁で・・。 いつもお世話になっている お寺さん

から紹介を頂いた方が なんと 偶然にも 地区の役員さん

だったんです。

お話を聞きますと 市民ホール(公民館)での 講演支援を

されていて ‘ 相続の お話を ’ ・・ とのことだったんです。

まさか こんな形で 実現できるなんて・・ 感激!!です。

今回の この出来事の波紋を 仲間と共に 広げていこ~って

思っているんです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

スリッパと経営?・・by木下

最近、投資信託に興味を持ち、ある雑誌を見ていたところ、伝説のファンドマ

ネージャー・藤野英人さん(恥ずかしながら、私は今日までこの方を存じ上げ

ておりませんでした)が投資のアドバイスをされており、

『スリッパの法則ープロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方』

の著書のご紹介が。投資家として多くの企業を訪問され、経営者の方とお話し

をされる機会が多く、その訪問先での儲からない企業には、ある共通点があり、

  ① 受付嬢がめちゃめちゃ美人

  ② 社歌や体操を強制させられている

  ③ 社内ではスリッパに履き替える

  ④ トイレが汚い

  ⑤ 金ピカの時計をしている等、 と興味深い項目が。

①は面接官の趣味のみで採用をし、採用にあたって人物評価に欠けている

③のスリッパはというと、スリッパに履き替える行為は「会社と自宅は同じ」、

という意識の表れであり、誰でも会社に自由に出入りする機会を遮断し、会

社のオープンさが欠けているとのこと。

SICにはスリッパがあります・・・・?!

(ちなみに、私が相続のお仕事でお邪魔するお宅には、狸の置物をよく見

かけます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増えてます!・・by太田

11万件 ・・・

これは、去年 家庭裁判所に持ち込まれた

遺産相続トラブルの相談件数です。

10年前の1.7倍にもなっています。

  平成17年中の死亡者数     ・・・ 約108万人

  そのうち相続税の課税対象者  ・・・ 約4万5千人

こういった数字とあわせて考えてみると、相続をめぐるトラブルが

資産家の方だけのもの、 そして 他人ごと とはいえないようです。

そういえば、

お菓子の多い少ないで揉めてる我が家の子供たち ・・・

将来、大丈夫かしらん???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天国と地獄・・by鈴木

対照的な 二人のお爺ちゃんが いるんです。

一人のお爺ちゃんの 子供たちは お爺ちゃんの財産目当て

で 兄弟喧嘩が 耐えません。

もう一人のお爺ちゃんの 子供たちは お爺ちゃんの看病を 

みんなが協力し合って 兄弟の仲がとってもいいのです。

この天国と地獄の原因は・・ 子供たち? それともお爺ちゃん?

きっと・・お爺ちゃん・・なんでしょうね?!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »