« 母乳育児の成長と発達・・by木下 | トップページ | まだまだ・・・by大野 »

人を許す・・by鈴木

‘ 人はみな 持ってうまれし 罪がある

               罪あらずして 転生はなし ’

この言葉は ある人が 他人に対して 恨み続けて 

苦しんでいる時に・・

‘ 人を許して 自分も楽になりたい ’

そんな 状況から 生まれ出た言葉だそうです。

誰にでも このような体験は あると思います。

僕も 中学生の頃に どうしても我慢ならない友達が

いましたが ・・

今では その友達のお陰で   

‘ 自分を見つめ 如何に生きるか ’

を 学ぶ原点になった・・と 感謝しているんです。                                                                                                

『セミナー案内』

 藤村 正宏氏 & 平野 秀典氏 マーケティングセミナー 」 

開催日 : 平成19年9月8日(土) 及び 9月9日(日)

場 所  : 名古屋クレストンホテル 9階 (名古屋パルコ西館)

後 援 : 中部経済新聞社

申込先 : http://www.p-con.co.jp/html/new/semi070908.html

|

« 母乳育児の成長と発達・・by木下 | トップページ | まだまだ・・・by大野 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鈴木様のお気持ちとは多少ずれるかもしれませんが
私も他人ががまんならないときがありました。

それこそ、イライラして、仕事が手につかなくなるほど…。
そして、そんな自分の心の狭さにも、苛立ちを感じ
「自分は経営者のタマじゃないんだ」
と真剣に悩みました。

ふと、あるとき
「たぶん、自分が相手に不満を持っているときには
相手も、私に同じように不満を持っているはずだ」
ということに気がつきました。

この考えは、自分の中では、コペルニクス的な大転回で
それから悩んでいたことが、ぱーっと霧が晴れたようになりました。

今では、些細なことでイライラしなくなったかな。
たまには、文句言っちゃうことはありますがw

投稿: kimutax@税金まにあ | 2007年8月29日 (水) 09時39分

他人を許せないと、自分も何かあった時、許してもらえないと思います。
仕事柄、お客さん、友人などからいろいろな恨みつらみを聞いたりします。「まず、相手を恨むな。かかわった自分の人を見る目がなかったことも反省すべき。そして、相手を許してあげなよ。相手を許す心がないと、自分が何かした時、相手に許してもらえないよ。」と言います。
怒りに打ちひしがれている時に言っても無駄ですが、少し落ち着いたときにそう言います。
自分自身がそれが良いのだと思う苦い経験がありました。結局、嫌なことはすぐに忘れて、前向きに楽しく生きる。それが、結局は自分自身にとって一番良いことだと思ったのであります。

投稿: 出口 茂 | 2007年8月29日 (水) 17時31分

こんばんは 木村先生!

コペルニクス的回転 同様 自分中心に世の中が周っていると
いう考え・・利己主義的な物の考えから~人格を持たない法則
・・思い込みやひとりよがりな正しさが入り込まない 理にかなった
公正さを持つ考え方に変えることによって 救われるんでしょうね。
普段の僕は まだまだ この域には 程遠いのです。

投稿: SIC・・by鈴木 | 2007年8月29日 (水) 22時42分

こんばんは 出口先生!

人間って 自分にとって思わしくない出来事が 起きた場合
必ず・・他人が原因~環境が原因~ と 外に原因を見つけ出そう
とします。(僕は その典型!)その考えに固執していると その
苦しい渦から抜け出すことは不可能なんです。
人間関係においては 殆ど利己主義的な考えから ギクシャク
させてしまうんでしょうね。相手の立場になって 物事を考える
ことができたら きっと ‘許す’という言葉は この世から
なくなると思います。 

投稿: SIC・・by鈴木 | 2007年8月29日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161406/16269055

この記事へのトラックバック一覧です: 人を許す・・by鈴木:

« 母乳育児の成長と発達・・by木下 | トップページ | まだまだ・・・by大野 »