« 鏡・・by鈴木 | トップページ | 新生活・・・by大野 »

おわりとはじまり・・by下畑

昨日テレビで「船上火葬場」なるものを紹介していました。

都会では火葬場が不足しているらしく、待たされることがあるのだとか。

かといって新たに建設するとなると近隣住民の反対があったりで

難しいのだそうです。そこで船上火葬場なるものを作り、火葬の際は

船を出して海上で火葬すれば近隣問題も解消出来るのでは・・という話。

まだ構想の段階らしいですが実現しそうなお話です。

一方では産婦人科不足で赤ちゃんを産みたくても病院確保が困難。

人生の終わりと始まりが、とっても迎えづらくなっているみたいです。

今現在は終わり~始まり~終わりという連鎖の中に存在するのに、

現代社会は今生存している人たちのことだけで手一杯なのかなと思うと

なんだかさみしいです。

今年は子年。子の刻が夜中の11時から1時を示しているように

子とは了(おわり)と、一(はじまり)のふたつの字からなりたち

終わりと始まりを象徴する意味があるそうです。

今年はおわりとはじまりのことを考えるにはいい機会かもしれません。

4月12日のセミナーもそんなことを考えるよいきっかけにしていただけたら

とってもうれしいですconfident

|

« 鏡・・by鈴木 | トップページ | 新生活・・・by大野 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161406/40825705

この記事へのトラックバック一覧です: おわりとはじまり・・by下畑:

« 鏡・・by鈴木 | トップページ | 新生活・・・by大野 »