« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

何かの前触?・・by鈴木

最近 岡崎市は全国区で有名になっています。

少年による バスジャック。

外国人の預言者による 9月13日大地震。

そして今朝方の 大雨。

どれも 良いことではありません。

何かの前触でしょうか??

岡崎市に何か良くないエネルギーが蔓延して

いるのでしょうか??

岡崎市の住民として

何かできること ・・

明るい未来の創造は 一人ひとりの 美しい心を持つ!

・・ これだけで 充分だと思います。

因みに地震の翌日は 大切な受験日。

非難しようかな~~~(これだから岡崎は危ないのかもwobbly

| | コメント (4) | トラックバック (0)

701回記念・・by鈴木

お陰様で SICのブログが なんと701回目を迎えました!

はじめたきっかけは 飽き性の性格を 治療すること・・

でした。

相変わらず 根の深い性格は 治ることはありませんが

そのおかげで ・・

たくさんの素敵な方との 出会いと交流に巡りあいまして

も~~~ 最高の一言です!

最初は 一人で始めたのですが 

今では 代表はじめ仲間みんなの力で 継続させて

いただいています。

これから 1000回 2000回 を目指して 

楽しく続けていきたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

27回忌・・by下畑

先日父の27回忌の法要がありました。

その日はあいにくの雨模様。

お寺の本堂奥の座敷に通されると父とは違う人の戒名が・・

同じ苗字で同じ8月に亡くなった27回忌の方があったとかで

和尚様がお間違えになったらしく、支度をしなおすためしばらく待った後

法要が始まりました。読経が終わりお墓に行く時間になると

ありがたいことにちょうど雨が止んで晴れ間が出ました。

まるで和尚様の番狂わせが時間調節の計らいだったようでした。

母と子供たちとその家族によるささやかな法要だったため、会食の

お酌は孫の役目、うちの子供たちは藤崎マーケットの「ラララライ体操」を

披露していましたcoldsweats01。おじいちゃんも楽しんでくれたかな?

次回集まる時みんながどんなふうに変わっているか楽しみな

うれしい法要でしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老化防止・・by鈴木

最近 脳細胞が 溶け始めているような気がして・・

これでは いけないと・・ 感じています。

今までは 何も行動を起こさなかったけど 

40歳後半に突入して お尻に火がついたのでしょうか・・

久しぶりに 受験生になっています。

心も 体も 脳細胞も 使わなくちゃ 老化まっしぐら・・。

せっかく五体満足に産んでくれたんですから

両親に対しても 神様にも・・ 顔向けできません。coldsweats01

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

即時定期年金保険・・by木下

相続税対策といえば、代表的なものが保険契約。通常の生命保険契約は

被保険者の年齢、健康状態により契約が難しい場合もありますが、個人

年金保険は一般的に健康状態に関係なく加入が可能。但し、被保険者

の年齢が85位が上限。世の中の女性の平均寿命は85歳。せっかくご主人

が遺してくれた遺産も、奥さんの年齢が85歳を超えてしまうと相続税対策

が出来ないことも。

こんなときに、被保険者を相続人、年金受取人を奥さんとする即時定期

年金保険とすることにより、相続税対策が可能で、例えば

  預金1,000万円を即時定期年金保険で、年金の受取期間を10年間と

して、相続が直ぐにおきてしまった場合には、その60%程度の評価、つま

り600万円での評価となり、意外と節税効果が大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どぶろく・・・by伊藤

以前ある家でドブロク(濁り酒)を飲ませてもらったことがあります。

その人が趣味で作ったものでした。

ドブロクとは日本酒を造る過程の精製されてない、味で言うと酸っぱくて

白く濁ったお酒です。合掌造りで有名な岐阜県白川村のドブロク祭りで

毎年秋に振舞われます。

 久しぶりに飲んだドブロクは村の祭りの賑やかさを

思い起こさせてくれました。

 でもこれは酒税法違反なんですって!!個人が自分だけで

楽しむために作っても違反だそうです。昔、個人で作った人が

訴えられ、最高裁で負けたそうです。そんなところまで厳しくしなくても

いいように思うのですが。白川村のお祭りでさえ、作った時に

税務署に税金を納めているようです。

 でも内緒だから なおさら美味しいのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲鳴・・by鈴木

経営において 利益をあげるには

* 売上アップ

* コストダウン

* 粗利益率アップ

ですが・・ 原油高の影響によって

全国で 農家さんが悲鳴をあげています。

市場での単価が下がり ・・ 売上ダウン

重油の単価が上がり ・・ コストアップ

マイナスの外的要因で ・・ 農家さん 本当に悲鳴

をあげています。

以前から 外的要因に左右されないように

産地直売の売上比率を上げて企業努力されて

いる農家さんもいるんですが・・。

フレー フレー 農家さん!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギオンバ・・by下畑

八月のお盆時期には主人の故郷で「ギオンバ」という子供のお祭りが

二日間行われます。毎年参加するために帰郷するのですが、

夏の暑い盛り、子供たちが手に手に提灯を持って朝から晩まで町を練り歩く、

結構過酷なお祭りです。

小3以上になると、竹ざおに縦に五つくらい提灯がぶら下がったものを

持って歩くので大変です。でも子供たちはこの祭りを楽しみにしています。

娘がこの祭りのことを作文に書いていました。

「三つ川を渡りましたが、全部ゆっくり渡りました。すずしいからです。」

と書いてありました。炎天下でも橋の上で涼しさを経験できたのかと

その体験と、その知恵を教えてくれた役の方々に感謝しました。

この夏も子供の成長を実感できましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫁と姑・・by鈴木

嫁と姑の関係 ・・ って

大変でもあり 素晴らしい人間関係でも

あるんですね。

とある家族のお話・・です。

お姑さんは といえば・・

お話をすれば お嫁さんの悪口を。

お嫁さんといえば・・

同じように お姑さんの悪口を。

それでも

30数年間の歳月が物語るのでしょうか・・

30数年間 毎日欠かさずに ご先祖の御仏壇 お墓の

手入れをされている お嫁さんに対して

お姑さんは 笑顔で ‘ 嫁には感謝しているんです。’

そんな お嫁さんのために

心からの感謝と同時に 大切なプレゼントが・・。

奥深い人間関係を 観させていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指定代理請求・・by木下

もらえるはずの高度障害保険金を、家族が請求したら、まさかの拒否?

なんてことになったら、一大事!!

みなさん、保険は沢山入っているから、もう大丈夫!?なんて思って、

保険契約の内容をほとんど確認をしたことがないのでは。

大事な方が病気や事故により意志表示が出来なくなったときは、家族が

本人に代わって保険金、給付金を請求する場合には、あらかじめ指定

代理請求の手続きがなされていないと、保険金が受け取れないことも。

一般的に、高度障害保険金等の受取人は、「被保険者」と定められてい

るため、それ以外の人、つまり家族でも保険金の請求が拒否されるケー

スもあるようです。

この指定代理請求は契約の途中からでも付加することができ、費用も

なし。

保険ばかりに気を取られていて、大事なメタボ対策を怠っていては論外

ですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19年度の査察・・by鈴木

査察(マルサ)の調査結果から 19年度の脱税額は353億円

のようです。(一件あたりの脱税額は約2億円)

告発件数の多い業種は

1位 商品・株式取引

2位 鉱物・金属材料卸

3位 人材派遣業

因みに 17年・・1位 18年・・2位 のキャバレー・飲食は 9位です。

そこで 脱税によって得た資産をどこに隠したかは・・

○ 鉄道模型の中

○ 電話台下に置いた収納箱

○ 居宅浴室内の洗い場及び浴槽内に置いたスーツケースやバッグ

○ 居宅敷地内の蔵や離れの床下に置いた手提げ金庫

○ 居宅室外に置かれた鉄製ゴミ箱

○ 居宅寝室のタンス内に吊るしたケース入り芳香剤

などのようです。

子供の頃 大切な物を保管した場所がありましたが

上記の場所と さほど変わりないなあ~と 思いました。

そういえば・・

‘ 子供の頃 庭先に埋めた ビニール袋に入れた小銭は・・ ’

40年も経った今では ・・ 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の心・・by鈴木

先日 甥っ子たちとの 楽しいひと時を

過ごしました。

その時です・・ まだ子供である 甥っ子の 驚きの発言です!

ゲームセンターに行きたくて仕方がない 甥っ子に

大人が ・・ ‘ ゲームセンターばかりで ・・ ’

子供の甥っ子が ・・ ‘ 大人が子供の遊ぶ場所を 無くしている ’

大人は ・・ 沈黙 ・・。

昭和の時代に 子供であった 我々は

既成品の遊具が なくても 

自然の中で 知恵と創造で 遊ぶ道具を

作り出していました。

大人が 子供へ 何を残してあげれば・・

真剣に考える 時代なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生命力・・・by伊藤

鉢植えの花に日に当てるために、時々事務所の二階の窓から

鉢植えを出しています。

 ところが最近、その場所に「住人」が押しかけてきました。

アマガエルです。今朝は何と!七匹もいました。小さなポットですから

かなりの住宅難です。でも彼らは気に入っているようです。

 彼らは下から登ってきたのでしょう。約4メーターの高さです。

体長 2センチの彼らから計算すると200倍の高さです。

人間に置き換えると、身長1.5メーターとしても300メーターの

高さになります。東京タワーぐらいの高さです。

信じられない!すばらしい生命力です!

 あのアマガエル君達は「ヒルズ族」のつもりでしょうか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10歳・・by下畑

息子が10歳になりました。

お祝いにどこか行かない?プール行く?と聞いても

どっちでもいいような返事です。

だんだん親とより自分だけの時間がよくなってきたのでしょうか。

花火大会に行った時は小1の頃6年生だった上級生がカップルでいるのを

発見して、花火よりそっちの話題で大興奮して盛り上がったり。

知らないうちに子供が成長していくようでなんだか楽しいです。

息子が赤ちゃんの頃、姉が「今もかわいいけど大きくなればなるほど

どんどんかわいくなるよ~!!」と言うのを、そんなものかしらと聞いて

いましたが、今同じ本を読んで共通の話題で盛り上がったり出来ることが

とっても面白いです。自分の世界を守ろうとする息子を若いっていいなあと

眺めてしまう・・私もだんだん親らしくなれてきているのかな?

息子に多少嫌がられてもまだまだいっぱい構って遊んでもらうわよ!!

と秘かに思う母です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親族・・by鈴木

今日は 久しく会っていなかった親族と

あってきました。

不思議ですね。

とても いごこちがいいんです。

おじさん おばさん 従兄弟 甥っ子 姪っ子

そして お嫁さんも・・

みんな 仲間って感じなんですね。

前世からなのでしょうか・・ 

初めて会った 小さな甥っ子 姪っ子が

変なおじさんといいながら 身体をべったり・・と。

独り暮らしを 気遣って 

‘ 寂しくないの? ’

‘ ここにいれば 寂しくないよ ’

5歳の可愛い姪っ子の言葉に ホロリ。 

そして 今週末は 遠い懐かしい親族に 会いに行きます。

いごこちのいいところ たくさんある自分って

幸せだなあ と思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志事・・by木下

以前セミナーでご一緒させて頂いた、㈱ティアの冨安様より

「ぼくが葬儀屋さんになった理由」という本を送って頂き、その本の中で,

18歳で藤田先輩と出会い、葬儀の仕事を通じて様々な死をお見送りさ

れ、死の悲しみ、命の尊さを学ばれたと。そして、仕事は「志事」、こころ

ざしの事と、書かれていました。

生きるということと死という最後を大切にされている姿に、感動を受けま

した。

遠い将来と思っている私自身の死について、みんなに囲んでもらって

迎えられるようにと、思いました。

ふと、私が税理士になった理由は、と考えてみると最近は・・・?

(時々この仕事をしていなければ、もう少しストレスがないのかな?な

んて、思うことも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の一夜・・by伊藤

 昨夜は毎年恒例のSICのバーベキュー大会でした。

子供も入れると30人ぐらいでしたから賑やかです。

焼き台も2台でフル操業ですが、追いつきません。

焼き鳥も沢山あって、まるで本職の店ぐらい美味しかったです。

子どもたちは前の公園に行って、風船で遊んだり、花火をあげて

奇声をあげていました。

楽しく過ごした最後は、スタッフの松井さんの送別会。一人づつ

思っているメッセージを伝えました。なかにはこらえきれなくて涙を

流す人、ぐっと我慢をしている人・・・・・・・・・・ 

 別れはいつも寂しいし、辛いものです。

でも人生そのものが、一人ぼっちです。

お釈迦様は

   独生独死 独去独来

と言っておられます。一人で生まれ、どんなに愛しあっていても

一人で死んでいきます。

 この世の真理ですね。松井さんも新しい人生を築いていって下さい。

長い間 どうもありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »