« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

肚(はら)をくくる・・by鈴木

肚(はら)・・武道をしていたころは 日常使っていた言葉

ですが 仕事ではあまり使わない言葉です。

ところが 最近 読んだ本で SBI北尾氏の書かれた

‘中国古典から~’という本には ‘ 肚 ’ という言葉が

よく使われています。

武道では 肚=丹田(人間の中心の部分) に息吹(エネルギー)

を入れておくことを常とします。俗に肚が座っている・・という状態です。

武道にしても 仕事にしても 肚をくくった人間ほど

強く そして 良い仕事ができるんだと 改めて教えられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コドモゴコロ・・by下畑

先日子供がしみじみと言いました。

「今世の中が大変なのに、お父さんもお母さんも頑張っているよねー。」

あら、色々感じてくれているんだなー・・と聞いていると

「派遣切りにもあわず、皮0.5ミリでつながっているよねー。

でもその0.5ミリは絶対切れないから!大丈夫だから!0.5ミリがダメでも

0.1ミリでつながってるから!!」と・・。思わず笑ってしまいました。

皮って首の皮sign02 でも子供心に真剣に親を思い、励ましている様子です。

「もしミリがダメでもミクロンもあるしねー。」「そうだね。」と盛り上がりました。

お父さんは派遣じゃないよとか、その言い方って・・とか思いましたが

この際どうでもいい。言葉選びはまた後日指導することとして

うれしい会話を楽しみました。

しかし、親が頼りないからいっぱい心配かけちゃってるのかもcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第56回SIC杯・・by鈴木

明日は 年に二回開催させて頂いているSIC杯コンペです。

実は 今回の開催を見送ろうという話もあったんです。

リーマンショックから始まった 今の世界恐慌そして

地元 尾張・三河企業の現状を考えますと

今回は控えるべきではないか・・という声がありました。

しかし 同好会会長をされている建設業社長の一声・・

‘ 一度止まったものは 取り返すことはできない ’

今まで28年の歳月を一度も止まらずに継続してきたSIC杯

のことを 誰よりも考えていらしたんです。

そんな会長の強い思いが 明日の最高のゴルフ日和

を引き寄せてくれたと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

住宅取得のための贈与税の軽減・・by木下

政府与党は4月9日追加経済対策の概要を発表し、その中の一つに

住宅取得のための時限的な贈与税の軽減として、

平成22年末までに居住用家屋の取得に充てるために、祖父母、両親

から金銭の贈与を受けた場合には500万円まで贈与税が無税。つまり、

暦年課税の場合には、110万円の基礎控除と合わせて610万円まで無税。

ところで、この住宅取得資金の贈与の特例は、原則

金銭の贈与を受けた年の翌年3月15日までに、住宅を取得し、居住の

用に供することを要件とするのですが、その翌年3月15までに建築が

間に合わず入居できなくても同日までにその住宅が棟上げの状態であ

れば適用が受けられます。言い換えれば、今年と翌年に610万円を2回

受けるために、年越しの建築の検討もあり!?

但し今年または来年のいずれかの年の1回のみとなるのか、祖父、父

からも別々に贈与を受けることができるのか等については今後の法案

成立が気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目をひらいて。・・by下畑

タイの暴動、すごいことになってますね。私は知識がなかったのですが、

汚職で私腹を肥やしたタクシン氏を支持しているのは農民層、低所得者層。

タクシン政権中、氏は紙幣を増刷、農民、低所得者層にばらまきを。

紙幣増刷で貨幣価値が下がり物価高になったのを企業のせいにし

対立構造を仕立てることでますます低所得者層の支持を得た。

反タクシン派が政権を握ったことで逃亡、しかし支持派も根強くこのような

事態に。経済構造に盲目的だとこのような事態になるから無知はいけない、

と最近教えてもらう機会がありました。

わが国の国民は、自分は無知になっていないか?チェックしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンとサーカス・・by鈴木

昨日 定額給付金に関する書類が自宅に送られて

きました。もちろん 嬉しい限りです~めちゃ嬉しいですcoldsweats01

高速道路の1000円 そして贈与税の非課税枠の拡大

などなど 景気対策と銘打って 個人個人が喜ぶ

ものが 並び立てたられている・・そんな感があります。

事の本質を見抜く時 今何が行われているか冷静に判断

する目が 個人個人に問われている・・と 実感します。

パンとサーカス・・ ローマ市民が政治的盲目を指摘した言葉

なのですが 今の僕たちも 真摯に この言葉を受けとめる

必要が あるんでしょうね!

さ~ 定額給付金~ 何に 使おうかな~coldsweats01

やっぱり 僕は 一般市民で~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

政治資金監査人・・by木下

平成21年1月1日より、国会議員が代表する資金管理団体等は、原則として

1円以上のすべての支出について領収書を徴収し、保存することが義務づけ

られ、収支報告書について弁護士、公認会計士、税理士による登録政治資

金監査人による政治資金監査を受けることが義務づけられました。過去の

架空事務所経費の計上等における問題が今回の改正の発端となったと思

われますが、私達の業務である、会計監査においては領収書の保存等は

当然のこと。そして最近では西松建設の政治献金問題。

某新聞紙では「無能な国会議員、汚職にまみれた・・・」とまで。

この改正を通じて、国会議員の透明性の確保、政治不審を無くし、景気回

復に一層の行動を願いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の「おくりびと」・・・by伊藤

 三年前に母をおくりました。

私は商売をしているので、葬儀はセレモニーホールを考えていました。

でも葬儀というのは誰のためなんだろうと考え始めました。

やはり亡くなった人です。亡くなった人が喜んでくれるかどうかです。

だったら 絶対自宅だと思いました。亡くなる二年前位から施設に

いたのですから、母は最期に自分の家でノンビリし、そこから旅立ちたい

であろうと思いました。

 会社関係には全然連絡もせず、ただ母が知っている人にだけお参りして

もらいました。葬儀の喪主は私で、司会も私です。身内だけで

母を囲んで最後の時を過ごすことが出来ました。

 昨今形ばかりが派手になっていると思いますが、心から感謝の気持ちを

込めて送ることが大切だということを学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見・・by下畑

岡崎市に移り住んで10年余り。毎年2月には梅を見に行き

この時期は桜をcherryblossom。なのに今年は梅の時期をうっかり逃し

時期の終わりに梅林公園横を車で通り抜けつつ車窓から眺めて終わりdespair

そして桜も・・。そんなことにはなりたくないと夕べ食事を終えてから

夜桜を見に行こうsign01と家族で車に乗り込みました。

桜並木の間を車で通り抜け、助手席にいた娘は「桜のトンネルhappy02」と

大喜びでしたが後部座席にいた息子と私にはライトアップもされていない

夜桜はほとんど見えず、車は帰路へ・・。えー?これだけ?という感じに。

この週末までに絶対もう一度、見に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春ですね・・by鈴木

この季節になれば ピカピカの一年生~

桜満開~ 気持ちの良い春の到来です。

僕にとって 嬉しいことがひとつ・・

温かいこの季節になると マンション(居住)の同じフロアーの

元若奥様三人からの 朝の挨拶で ‘ 行ってらっしゃ~い ’

の黄色い声援に押されての出勤・・ 最高ですねhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テキトー税理士・・by木下

先日、「テキトー税理士が会社を潰す」という本を読み、

その中にテキトー税理士チェック表があり、 

 ・記帳代行を専業にしているコピー機税理士

 ・年に数回しか訪ねてこないご無沙汰税理士

 ・「税務調査は不可避」というイイワケ税理士

 ・「IT会計は面倒だ」という化石税理士

 ・経営助言を一切しないダンマリ税理士

 ・コンサルタントを紹介してくれる紹介好き税理士

 ・顧問料の安さを売りにしている激安税理士

上記の項目に一つでも当てはまったら、あなたの顧問税理士は滅びゆく

会社を笑顔で静観するテキトー税理士と。

一瞬SICは・・・。ちょっとドキ!?としました。

でも、自負ではありませんが、

お客様へIT化を進め、会社の財務状況を早く把握していただき、毎月の

巡回監査時に予算と実績を確認していただけるよう心がけていると思わ

れます。

そうは言っても至らぬ点も多いかもしれませんが、これからもSICを宜しく

お願いいたします。pig

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おくりびと・・・by伊藤

話題の映画「おくりびと」を見てきました。

やはり感動でしたね。納棺師という娑婆的に低いと思われている仕事に

生きがいを見出していく主人公、広末涼子演ずる妻もその職業に対して

嫌悪感を抱いているが、旦那さんが心から亡くなった人を見送ろうとして

いる姿に感動を覚えていく。最後は幼い頃自分を捨てていってしまった

父親に対し、納棺を通じ親子の愛を感じていく。

 本当にいい映画でした。人間の本質です。「愛」というのは。

怒りというのは「愛」ですね。愛が変化したのが怒りなんでしょう。

家族でなくても 誰かに対して怒りを感じているということは、その人に

「愛」を求めている証拠ですね。だから一瞬にして変化します。

今 あなたは誰に対して怒りをもっていますか? その人に対して

本当に求めているのは 何なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修・・by下畑

今日は所内で相続の研修がありました。

相続のお仕事をさせて頂く様になって一年半近くたちましたが

なにしろとっても奥深い世界、わからないことばかり、日々勉強です。

研修は基礎的なことだったのですが、突然当てられるともう

しどろもどろに・・いくつも嘘の(正解でない)回答をしてしまい、冷や汗sweat01

今日はエイプリルフールということでお許し下さい・・という気分ですcoldsweats01

一つ覚えるのに時間のかかる私ですが、めげずに頑張りますrock

あっsign03そしてワタクシはソソウの多いソコツものですが

お客様の申告等の際はもちろん間違いのないように諸先輩方に

しっかりチェックしていただいておりますのでご安心くださいませclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »