« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

会葬礼状・・by鈴木

先日 お世話になった方の御主人が亡くなられ ご挨拶に

行ってきました。

奥様曰く ‘今でも信じられない’と。

病気が発見されるまで 毎年人間ドック そして普段はスポーツジムに

通われ 一般の方よりも健康管理はしっかりされていたようです。

そんな元気で健康な方が ある日突然・・。

人の一生って 本当に誰にも分からない・・ 己自身も。

残された奥様は お子さんはいなく これから 何を支えに・・。

そう実感したのは 会葬礼状を拝見させていただいたからです。

御主人との三十有余年 二人仲良く 支えあい 励ましあい 尊敬し合い

・・ 私も一緒にあなたのところへ 連れていって・・ 。

そのような 二人の過去を偲ぶ文章でした。

会葬礼状といえば 時間が無いことから 決まり文句が大半で

単に目を通す・・だけでした。ところが 今回頂いた礼状は

‘ 感動の会葬礼状 ’です。

亡くなられた御主人とは 一度もお会いしたことはなかったのですが

その会葬礼状の文面で 御主人の人となりを 感じることができました。

それほどまでに 素敵な会葬礼状でした。

実は そんな素敵な会葬礼状を 今年お義母さんを亡くされたスタッフが

実際に体験されていて 早速礼状を拝見して・・その文章に感動しました!

僕も 父母にその時が訪れたときは そんな素敵な礼状を用意したいな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

無計画・・by鈴木

連休に どこへ行こうか・・ 京都へ一人旅に行こう・・

と思いきや 気の合う仲間と 急きょ 岐阜高山 下呂へ 

行ってきました。

目的は 高山の朝市で美味いものを食べること ・・ 。

思いつき旅行ですから 宿泊先は決めていません(宿がない。。お~)

仲間のひとりが るるぶを片手に 片っ端から 電話をして 全て満室の返事coldsweats02

そりゃそうですよね シルバーウィークで宿無しで 出掛ける人・・

いないですよね。

でも 電話をかける仲間も凄い・・ 今度は 各ホテル 旅館の

電話対応で点数を付け出しました。(職業柄です)

さすがに3~5万円の宿の対応は レベル5で レベル4。

数千円の宿の対応は レベル1 若しくはゼロ。

全てではありませんが お値段の安い宿の対応は ガッカリ。

そうこうしているうちに 神様も助けてくれたのでしょう・・か

対応の良いホテルの角部屋が 一部屋だけ空室あり。

本来 ホテルサイドの言い値ですが・・ そこを数千円お安く 交渉成立。

お陰様で素敵なホテルで メチャ最高の夜景を眺めながらの露天風呂spa

にありつくことができました。

今度出掛けるときは 宿の予約だけはしよう・・と

仲間で話しましたが ・・ この味をしめてまた無計画になるかも。

ただ無計画は ドキドキのドラマがあって いいかもしれませんね。

090921_094101 090921_094202

| | コメント (4) | トラックバック (0)

省・・by下畑

ずっと前に読んだ、(というには内容が難しく 「見た」に等しい状態でしたが)

安岡正篤著の易の本にこんなことが書いてありました。

それは「省」に関する印象的な文章で、正確な記憶ではないですが、

『省は「省く」という意味であり、○○省と名のつくところの本来の仕事は

省くことにある。』というような記述でした。

今日から民主党政治が始動します。官僚主導から政治主導に出来るのか、

省を文字の如く、上手に省いていけるのか、見守りたいと思います。

選挙直後「今日から我々の敵は民主党です」と言ってるコメンテーターも

いましたが、手のひら返してこき下ろすマスコミもいかがなものか。

○○省に限らず、自らが本来の自分の仕事をキチンするために

今を見直し、省くものを省いておくことは大切かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原動力・・by鈴木

72歳の経営者の方がいます。

睡眠時間は四時間。

交通事故に遭っても元気。

頭を机の角で打っても元気。

仕事もプライベートも 全て先を見通して 決断。

その原動力は 家族への愛・・です。

自分の原動力と問われたら・・ 模索中。

今日は 72歳の大先輩にエネルギーを充電

していただきました。 情けない・・ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天国にいるあなたへ・・by木下

先日、相続のお仕事をさせて頂いているお客様の奥様より、生前のご主人

とのほほ笑ましいお話を聞いて。

ご主人とはたまに喧嘩をされるのですが、喧嘩をしてもその日に必ず仲直り。

どちらかが謝って仲直りをするまでは夜中になろうと起きているとのこと。

喧嘩をしてもその日に仲直りをするのが結婚の時の約束とのことです。

そして、ご主人への最後の言葉は、

「今度生まれてきたら、もう一度めぐり逢えますように」と。

とっても素敵なご夫婦。

忘れていた思いやりの気持ちを思い出すことができたようで。

いつもいつも不平ばっかり言っている私ですが、たまには美味しいご飯でも

つくらなくっちや。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚き・・by下畑

「えっ!そうなんだ!!びっくりした~!」

夏のある朝、何気なくtvを見ていた娘が唐突に叫びました。何事かと尋ねると

「マイケルジャクソンって、男だったんだ~!知らなかったからびっくりした!」

と無邪気な答えが・・知らなかったのかいgawk

今性別不肖な方々が大勢いらっしゃいますので、そういう人だと思っていた

のでしょうか?父親マイケルという言葉で始めて性別を認識したみたい。

当たり前でしょ!?と思うことは人それぞれで、知らなかったことを初めて知る

時はどんな些細なことにしろ、新鮮な驚きがあるものです。

マイケルが男と知った娘の次の台詞は「わかってよかった~sign03」でした。

その台詞に今度は私がびっくり。わかるってうれしいことなんだ。

今まで知らずに恥ずかしかった、じゃないんだ。

素直に感動することを忘れかけていたことに気付かせてもらいました。

そして「そういう気持ちで漢字の勉強をしたら?」という言葉を、

グッと飲み込みましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転換期・・by下畑

夏の終わり、時期遅れの蝉の声がミンミン聞こえる・・と睡眠から目覚め

tvをつけたら民民民と民主の圧勝・・蝉じゃなかったのね。

自民は自眠となりぬ・・といったところでしょうか。

2学期が始まりましたが学級閉鎖で夏休みの延長のようになっているところも。

かわいそうなのは6年生、春の「豚インフルエンザ」の流行時、

修学旅行を秋に延期した学校が多かったと記憶していますが、

この流行は春より大変。修学旅行がどうか中止になりませんように。

季節の変わり目は色々な吹き出物が出やすいもの。

この大きな転換期、全てにおいて、大きなトラブルに発展する前に

より小さなことへの気配りに気付けますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素敵な親族・・by鈴木

先月 96歳の祖母がなくなりました。

最期まで 気遣う人でした。

亡くなったのは お盆休み最終日の16日そして葬儀が19日でした。

お陰様で・・という表現は適切ではありませんが

子供 孫 ひ孫 みんなが 全国から葬儀に集まることができました。

母方のおばあちゃんですが とても優しく穏やかな存在で

可愛い死に顔に手を触れて 最後のありがとう・・を。

母方のおじいちゃんは 戦艦の料理人

父方のおじいちゃんは 頑固一徹の資産家

父方のおばあちゃんは 尽くす女性

父母 祖父母 そして元義父母に 恵まれて僕は

素敵な人生を歩んでいるんだと・・ 改めて実感していますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »