« 言葉使い・・by下畑 | トップページ | 情報・・by鈴木 »

リンムーチェンレン・・by鈴木

30年前に中国語を勉強したことがありますが

既に 頭の中 身体からも 学んだことが抜け落ちました。

せいぜい リンムーチェンレン・・鈴木正人 の中国名だけを記憶

しています。

昨日から 改めて学び始めました。

経済成長率が継続して著しい伸びを 示している中国。

今年若しくは来年には 日本を抜いて経済大国二位へ。

そして近い将来 米国を抜く日も確実視されています。

時代の流れに乗ることだけが 良いとは思いませんが

乗り遅れることは したくないと思っています。

そうそう もう一つ

ウォ アイ ニイ ・・ これも 記憶に しっかりと残っています。

|

« 言葉使い・・by下畑 | トップページ | 情報・・by鈴木 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔から、中国はカントリー・リスクがあるとよく言われますが、ここまで世界の中で重要な立場に成ってくると、リスクは相当小さくなっていると思いますし、様々な意味で、成長戦略が分かりやすいように感じます。私は、2000年初頭、中国株式の勉強をしましたが、情報開示が脆弱で、まだリスクが高いと感じました。しかし、昨年のリーマンショック以後の大転換からは、リスクよりも期待感をとっても良いと思っています。と言いますか、中国がこけたら、世界恐慌になってしまうのではないでしょうか。そう考えると、乗り遅れるべきではないというお考えに1票ですね。

投稿: 出口 茂 | 2009年11月 9日 (月) 09時30分

そうですね 中国がこけたら世界恐慌間違いないでしょうね。こける順番としてはまず米国のような感じがします。米国の首根っこを持っている中国が いずれリスクの高い米国債を知らず知らず手放し・・米国・・・危うし・・。そんなシナリオがあるように
感じます。
GDPにしても日本の国土人口と比較すれば、その上にいくことはあたりまえ。ただ一人当たりのGDP(日本は中国の10倍以上)を、謙虚に受け止めているその国民性に・・やはり・・いずれ中国が世界を・・。と 思うことも少なからずあります。

投稿: SIC・・by鈴木 | 2009年11月10日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161406/46695735

この記事へのトラックバック一覧です: リンムーチェンレン・・by鈴木:

« 言葉使い・・by下畑 | トップページ | 情報・・by鈴木 »