ありがとうございました!・・by鈴木

このブログに掲載させていただくのも 今日が最後に・・。

ブログを始めた最初の年は 何が何でも ‘365日継続’ と心に決め

達成することができました。

三日坊主どころか半日坊主の この僕が そんな離れ業ができた

のは・・

まず第一に 優しい気持ちを コメントにして 届けていただいた方

そして ‘ ブログ 読んだよ ’・・ と 言ってくれた方

更に まだ見ぬ 全国からの訪問者の方

・・ たくさんの方に支えられて 今 こうして存在し続けていられます。

本当にありがとう ございました。

このブログを通じて 何が一番 良かった・・と聞かれたら

迷わず ‘ 素敵な方との出会い ’・・です。

これからの人生においても そんな素敵なご縁を 夢に 

‘ 発信 と 受信 ’を 大切にしていきたいと 思っています。

また どこかでお会いできることを 心から 願っています。

本当に 今まで ご支援いただき ありがとうございました。

                                   SIC・・by鈴木

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

メリークリスマス・・by鈴木

今年は 忙しいのでしょう・・ 既にサンタクロースのお○さん

が 僕の元にやってきましたxmasxmasxmas

寒い冬を 心から暖めてと・・ 

寒い経済へ飛び込むには せめて身体を暖めてと・・

今年も 優しいサンタさんが やってきましたweep

今までの二十年 多くの顧問先様から サンタさんのように 

形のない素敵なプレゼントを 沢山いただきました。

来年からは 自分自身がサンタになって 沢山のプレゼントを

おおくの方へ 提供できるようにしたいと思っていますpresent

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お好み焼き屋さん・・・by伊藤

 私の家のすぐ近くにお好み焼き屋さんがあります。

小さなプレハブのお店なんですが、とっても美味しいんです。

奥さんがやっておられるのですが、毎日夜まで頑張っておられました。

二ヶ月ほど前からそのお店の日焼けしている赤い暖簾が架からなく

なりました。理由はご主人が亡くなったのです。私の同級生です。

病気がちで入退院を繰り返しておられました。

 そのご主人を支え、生活を維持するためにお店を頑張ってやって

いたのでしょうが、そのご主人が亡くなってしまったのです。

自分自身の疲れもあり、お店を四十九日が終わるまで閉めていたようです。

頑張る理由がなくなってしまったのでしょうね。

どんな病気であれ いてくれたら有難いものです。それが突然目の前から

消えてしまうんですね。まだまだ気持ちの整理もついてないでしょう。

 でも女性は一年も経ったら 不思議なことに皆元気になるんですね。

えらいもんです。その点 男は全然反対です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲介・・by鈴木

相続の現場では 仲介役を担うことが たびたびあります。

この仲介役・・ なかなか奥が深い と実感しています。

相続人が それぞれ 主張~ 権利~ を することは当然なのですが

時として 筋が通らないような ことも たびたび あります。

そんな時 いかにして まとめるかが 仲介の 技量のひとつ

かもしれません。

ただし 真実を隠して 上っ面のまとめ役としての技量は 身に着けたく

ないと 心に決めています。

地上を離れて 天国から見守っている方に 真摯な姿勢をみせなければ

・・ と思っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

兄弟・・by鈴木

僕には 尊敬する兄がいます。

その兄と 久しぶりに一緒に酒を飲みながら

今までの人生 そしてこれからの人生を 語りました。

兄との語らいは 格別なものがあります。

兄は 長男という見えない責任を 背負いながら 人生を・・

弟は そんな兄を横目に 自由気ままな人生を・・。

兄の存在に感謝し これからも兄弟という素晴らしい絆を

大切にして 人生を歩みたいと・・ 片手に酒を持って 乾杯!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神様って?・・by下畑

一般家庭に神棚があるのが普通か、ないのが普通か?

「神棚あるのは商売やってる家だけですよね?」「普通はあるんじゃないの?」

などさまざまなご意見が。仏壇は人を祀るもの、ご先祖様に手を合わせるところ。

いろいろな意見の中で、「神棚ってなに?神様って?」と言われて、考えた。

何々教とか無宗教とか関係なく、先祖でないなら何に手を合わせているのか。

私もわかっていないけれど、どう説明したらわかりやすいのか。

自分なりに出した答えは「環境」でした。自然とか宇宙と言ってもいいけれど。

人間はいろいろなものを作り出し、発展させることが出来るけれど

それらはすべて、与えられた環境の中から見つけ出したもの。

太陽も月も、空気も水も火も、木も土も鉱物も、どれも与えられたもの。

私たちもご先祖様も生かしてくれている、我々をとりまく環境。

神棚はそんな環境に感謝する場所。それ以外の大きな意味もあると思うけど

私の小さい脳で導き出した考えは、一案として大きく間違ってはいないのでは?

神様がいるかいないかわからないけど、何かがあると心で「神様!!」と

叫んでいる私。私のなかには、神様は大きく存在しているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

争族~爽族へ・・by鈴木

相続で 揉めていた案件が いい結果に・・。

財産分けには それぞれの権利主張があります。それを否定することは

しませんが 筋の通らない権利は いかがなものかと 現場にいて感じる

ことがよくあります。

今回の案件では 権利を主張するお客様へ・・

1. 債務ではなく 財産をいただける感謝の気持ちを

2. 自分を取り巻く環境に 悪影響を及ぼさないように

3. 自分自身の精神衛生に害を及ぼさないように

4. 足ることを知る

このような 気持ちを持つことに 最初は聞く耳を持っていただけることが

ありませんでした。それでも 言い続けさせていただきました。

・・ そして ・・ 

電話口の向こうから聞こえる お客様の爽やかで素敵な声を聞いて・・

ちょっぴり なみだが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

THIS IS IT・・by下畑

映画”THIS IS IT” の最終日の最終時間、ギリギリ間に合って観てきました。

特にマイケルジャクソンが好き、というわけでもないのに何故かどうしても観たくて、

「今夜お母さんはちょっと家出する!」と出掛けていきました。

レイトショーはお安くなるのでよく利用するのですが、こんなに混んでいるのは

はじめて、ほぼ満席で、最前列しか取れませんでした。

観終わって、こんなに感動するとは思いませんでした。

本当にすばらしいアーティストだったんだ・・と。マスコミに騒がれ

スキャンダルにさらされ、誹謗中傷を受け・・。考えられないほど過酷だったと思うのに

遺した仕事は本当に素晴らしいもの。うまく説明できないけどあまりに感動して

夜中の3時すぎまで眠れませんでした。スクリーンに間に合ってよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何を売るか・・・by伊藤

 先日北九州に出張したときのことです。

なかなか予約の取れない寿司屋さんに友達が案内してくれました。

カウンターだけで10席の小さなお店です。仕事をしているのは中年夫婦だけ。

大将は次から次にお任せの料理を出してくれました。

 ふと気付くと、ワサビはもちろん本物ですが、おろしがねも鮫皮です。

シャリが茶色い色をしているので聞くと、酢は本物を使っているとのこと。

そのシャリで握りを頂いたのですが、驚いたことにマグロは出てこなかった

のです。肴は近海もので、旬なものだけを使っているようです。

スゴイこだわりだなと思いました。大将は無口で 何の愛想もなかった

のですが、流行っているんです。驚きでした。一人1万円ぐらいでしたから

10人のお客さんがあれば、一晩で10万の売上です。これなら夫婦二人で

充分採算が取れるでしょう。

 寿司屋さんも 100円寿司から銀座久兵衛さんのように高級な店も

あります。

 そんな中で、大切なことは自分の店は、どのような人に対して、どのような

商品を提供しようとしているかなんですね。寿司も美味しかったけど

とても勉強にもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺す言葉・・by下畑

岡崎市の図書館で面白いCDに出会いました。

「海や山の神様たち ―今でもここでもない話―  坂本龍一」と。

ところが録音は1975年にされたもので、作曲坂本龍一、編曲山下達郎、

というすごいもので、2007年にCD化されていたのでした。

アイヌのユーカラという民族ことをテーマにしたアルバムで、主に児童合唱団が

歌うとても楽しい曲。ピアノ曲を想像していたので最初はびっくりしましたが、

今では子供たちもお気に入りで歌っています。

さて、このユーカラという民族は文字を持たず、語り継ぐ文化をもっていたようです。

日本も漢字が伝わる前はすべて暗誦で語り継がれたのでしょうか、

稗田阿礼が暗誦していたものが漢字によって古事記として記されたわけですよね。

語り継ぐには容量に限界があります。厳選したことばを伝えていくはず。

言葉は無駄をそぎ落とされ、珠玉のような、知恵の言葉となって残ります。

記せないと忘れられてしまう・・だからこそ語り継ぐことに重みがでます。

今私たちには文字がたくさんあるけれど、ホントに遺したいことを

ちゃんと記しているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧